« 十勝の丹頂親子 | トップページ | 蝦夷雷鳥の親子 »

2012年6月30日 (土)

釧路の蝦夷梟

早いもので北の大地に来て二週間が経ちます、時の過ぎ行くのをもっと速く感じるのは今年も半年が過ぎました。1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、4月は終い、5月はさっきのように感じ、6月はロスしてしまった。これで半年は御仕舞い。

二ヶ所目も巣立ちには間に合わなかったエゾフクロウの兄弟です、三羽の揃い踏みがみられません、先日雛の一羽がカラスに襲われて二羽になって終いましたので姉妹でしょうか?
撮影日6月26日 撮影地釧路市

0530

見詰合う残された無事な二羽

0920

君は出来るのかとストレッチを見せる、この兄弟は一緒に同じ演技をするシンクロを親からまだ学んでいないようだ!

« 十勝の丹頂親子 | トップページ | 蝦夷雷鳥の親子 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 十勝の丹頂親子 | トップページ | 蝦夷雷鳥の親子 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ