« 尾短子なす山鳥 | トップページ | 眉白黄鶲 »

2012年6月 3日 (日)

苧環と島野路子

数少ない旅鳥として主に日本海側の島嶼に渡来するシマノジコ、先月の舳倉島で島を離れる最終日に幸いにも撮影出来た、漁師さん宅の路地なのか庭先なのか、青紫に白い花、オダマキと庭の二羽の初見を記録した島野路子。島の路地にいたので島路地子とでも呼びたい。
苧環(オダマキ)の別名は糸繰草(いとくりそう)、機織りの際に麻糸をまいたもののことで、花の形から名付けられた
苧環の花言葉は「必ず手に入れる」「愚か」「断固として勝つ」、紫色のオダマキは「勝利への決意」「捨てられた恋人」、赤は「素直」、白は「あの方が気がかり」。花言葉も花色によって違うことを知る。(ネットで花言葉検索)
花言葉も人それぞれに好みがあり、鳥も撮る人それぞれの思いがある。人工物をカットするために全てトリムしてあります。

761

オダマキとシマノジコの島のカット風景

2

餌を食べながら向き合う庭の二羽

7721

トリムを更にトリムするWトリムでオダマキが画面から消え雑草が残る、石の隙間から生える雑草の生命力の強さ、雑草の雑草たる由縁、邪魔に感じても私有地には入れない。

7842

色の濃い雄成鳥からピントを若い雄に移して写して見た!

7851

庭石と雑草とオダマキと庭の二羽のシマノジコ、採餌に夢中で二羽同時の顔がなかなか見られない。

7891

最後までボケのオダマキ、花言葉は「必ず手に入れる」その通りシマノジコの写真は手に入れた、「愚か」と言われると正にその通り否定出来ないことを続けている。青紫のオダマキの花言葉は「勝利への決意」初見・初撮りの積み重ねが目標達成への決意に繋がる。前ボケのオダマキに管を巻く。ここでまたネットの注釈が入る。
管(くだ)とは
紡績に使う糸を巻きつける小さな軸のこと。
糸繰り車を回すときに出るぶんぶんという単調な音を、酔った人がとりとめのない不平不満、訳のわからないことをくどくど言うのにたとえたことわざ。朝一番、正気でもくどくど書くと管を巻くことになるのかな?管を巻くついでに先輩に正木さんがおられたがこの方はいつも正気でした。

|

« 尾短子なす山鳥 | トップページ | 眉白黄鶲 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
こちらも12日にこの場所でシマノジコ撮ってましたので、ひょっとしてご一緒だったんでしょうか?あの青紫に白い花が気になっていました。ネット検索でこの「ケンさんの探鳥記」に辿りつきました。青紫のオダマキの花言葉は「勝利への決意」だそうで、私も初見のシマノジコを撮るという勝利を味わえました。有難うございました。

投稿: 一期一会 | 2012年6月 4日 (月) 12:25

一期一会さん
こんばんは
いつも単独行動をしていますので周囲に眼が行き届きませんがもしかすると同じ時間帯にご一緒させていただいたかも知れませんので失礼しました。
シマノジコの初見・初撮りおめでとうございます。

投稿: ken | 2012年6月 4日 (月) 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾短子なす山鳥 | トップページ | 眉白黄鶲 »