« 砂山の紅猿子 | トップページ | 山啄木鳥の巣立ち »

2012年7月 5日 (木)

島梟

シマフクロウ撮影の宿でも「鷲の宿」とはこれ如何に???

今はシマフクロウ専門の宿だが昔はオオワシやオジロワシ撮影者の宿だったのではないかと推測してみたがはずれかな?。羅臼の町中にはもっと設備の良い民宿があるのでオオワシやオジロワシの撮影でここに泊るは物好き?これは邪推じゃ。
久し振りに泊ったわしの宿は鷲の宿であった。
撮影日6月29日、30日。

0171

夕食が終わった7時46分に第一回目の採食にシマフクロウが幸先よく出た!

0280

およそ二分後にお土産を咥えて巣に戻る、これから12時33分まで8回出たと思ったが本当かいな言われるとヤッカイな気がする。

« 砂山の紅猿子 | トップページ | 山啄木鳥の巣立ち »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 砂山の紅猿子 | トップページ | 山啄木鳥の巣立ち »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ