« 島仙入 | トップページ | 島仙入Ⅱ »

2012年8月21日 (火)

紅白の紅猿子

7月3日の早朝のシブノツナイ湖でシマセンニュウを撮影後にオムサロ原生花園に戻り、前日撮影出来なかった白いベニマシコを探したがオムサロ橋袂の遊歩道で見つける事が出来た。時に7時40分であった、この白い子は旅の途中でもアップしたが今回は別の写真とトリム画面などを追加しての珍しい白変種のベニマシコの再掲です。

皆様ありがとうございました(._.)アリガト
18日午後2時半頃にこのブログは2006年6月に開設してから6年3ヶ月弱で100万アクセスを達成しました。

2191

目が黒いのでアルビノではなく白変種、雌雄にある黒い翼にある二本の白帯の区別がわからない、この個体は♂なのか♀なのかもわからない。普通の♀ならば夏羽の全体が淡い黄褐色である。

2231

白や薄いピンクの蓮華草の傍で草の種子を掻い摘んでいた。

2321

ハマナスの花の前を通り過ぎてカメラの画面から消えた

2341

次に見つけた時は葦原の中で紅白揃っていた

2391

赤い雄が白い子に近づいてきた、下から覗くように確認する♂

2401

直後には紅白のカップル誕生となった、白い子は♀である 。

2501_2

アシにとどまり去っていった♂の方を見る白変種の♀

2641

近くに居た♂は最初に白い子が採食していたレンゲ草の咲く遊歩道の道端で採餌の様子。
珍しい紅白の紅猿子を見たのは最初から最後まで3分間の真夏の朝の出来事でした。

|

« 島仙入 | トップページ | 島仙入Ⅱ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島仙入 | トップページ | 島仙入Ⅱ »