« 紅白の紅猿子 | トップページ | オムサロの野鳥 »

2012年8月22日 (水)

島仙入Ⅱ

一昨日のシブノツナイ湖のシマセンニュウと同じ場所ではあるが約1時間後の朝6時頃の写真である。昨年の蝦夷の鎧草(エゾノヨロイグサ)のような枯れ草の上やハマナスの蕾の上で囀るシマノセンニュウであった。地元の人がマキノセンニュウの囀りも聞こえると教えてくれたが自分には囀りも姿もここでは確認は出来なかった。
頭からの上面が緑色がかった淡褐色、眉斑と体下面は白っぽく、胸脇と脇腹は淡褐色、上嘴の上面は黒褐色、足は肉色と図鑑にあったが朝6時ではそのような色に見えたか出たか。

0751

エゾノヨロイグサのような枯れた草花の中にいた

0821

囀り姿をトリム

0981

今度はハマナスの蕾の上にとまる

1121

ハマナスの蕾の上での囀りを縦切りにカット

122

ハマナスの花が一輪半の囀り

1170

ハマナスの花が前ボケ二輪の囀りのインターバル

|

« 紅白の紅猿子 | トップページ | オムサロの野鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅白の紅猿子 | トップページ | オムサロの野鳥 »