« 軍艦の追跡 | トップページ | 電柱に佇む時の鴇 »

2012年10月28日 (日)

飛んだ時の朱鷺

最近はご夫婦の鳥撮りは、どこのフィールドでも必ずお見かけするほど多くなったが、先週の24日はアネハヅルの撮影地で元祖的な鳥撮りご夫婦にお会いして、とんだところで飛んだ時のトキを見ることが出来た、秋の良き日なった。
アネハヅルもどうやら最終日に間に合ったようだが夢にまで見た!朱鷺を撮った!在来線のL特急とき、上越新幹線に「とき」の
列車名を引き継がれた(今は列車名も絶滅)時も乗車したことがあるがトキは勿論増殖された放鳥トキを見たのは初めてであった。見た!撮った!能登と越中でライフアーを一日に二種二羽のラッキーな日であった。
今日はノートPCのブログ作成画面が直り、久し振りのトキメキに朱鷺のブログにした。

天高く馬肥ゆる秋、馬が食欲を増し、肥えてたくましくなる秋、好時節に今日は天皇賞。

立山の 青空高く 朱鷺も舞う 

7160

田んぼから飛び出したトキが澄み渡る青空を飛翔するノントリです

7170

青空の二枚目、朱鷺色(橙紅色)が鮮やかに青空に映える、背中のGPS送信機が見える

7181

トリムの三枚目、額から眼の回りの皮膚の裸出部が赤い、虹彩は黄色、湾曲した嘴は黒、くちばしの先端に赤味がある。

7191

少し枠からはみ出しにトキメク

7200

ノントリの五枚目、現地での愛称はトキメキちゃん

7211

トリムの六枚目、朱鷺色は淡紅色、赤色の顔に黄色い虹彩が伴侶のいない成鳥雌の悲しい眼に見えた。

« 軍艦の追跡 | トップページ | 電柱に佇む時の鴇 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ジェイスさん
こんにちは
天高く澄み渡った日に電柱のトキを二人だけで撮影とは贅沢な時間をご一緒出来て嬉しく思いました。
二年間も理髪店を無沙汰しておりますので異様とも思われる不精姿で失礼しました。
どこかでお会いしたトキはお名前もお顔を失念するボケが進行中ですのでお声を掛けていただければ幸いです

団塊人さん、
こんにちは
弟も戦後生まれの団塊世代ですが
戦中と戦後の歳の差が気になる年になりました。
一匹老狼には若い団塊人が仲間との鳥撮り遠征を羨ましく思えるトキを感じました。
ムギマキ♂はゲット出来なかった八年目ですが、昨年の苫小牧以来の再会を嬉しく思うひとトキでもありました。それではまたどこかで

ケンさん、こんばんは。

25日は、興味深いお話を色々していただき
ありがとうございました。
雲の上の存在のような方にお会いでき
大変光栄に思います。
お目当てのひとつだったツルさんは前日に飛び立ち
すでに、雲の上を飛ぶ存在になっていて
ショックを受けていた時だけに
ケンさんにお会いでき、感激ひとしおでした。

トキメキさんは、ケンさんと同様に
威厳と風格を兼ね備えていたので
てっきり、オスかと思っていましたが
意外にもメスだったんですネ!
でも、ケンさんの画を見て
そのエレガントさがうかがえ、メスであることに納得です。


全国区の方とお会いできるチャンスはなかなかないと思いますが、
いつかどこかで、またお会いできることを
心待ちにしたいと思います。

ケンさん 昨日はありがとうございました。
初めての朱鷺に全員感謝感激でした。
ケンさんのブログの朱鷺の写真には到底かないませんがブログにアップさせていただきました。
昨晩は戸隠に宿泊し本日帰宅しました。今朝はペンションの庭でムギマキの雄雌をゲットできました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 軍艦の追跡 | トップページ | 電柱に佇む時の鴇 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト