« 河津桜と尉鶲 | トップページ | 鷽とウソ »

2013年3月15日 (金)

白梅に鷽

似合うものの諺に「梅に鶯」というが実際に観察されるのは「梅に目白」である。ところが「白梅に鷽」が今日のお題である。

1971_2

白い花弁が散ったのか、残った梅の萼(がく)片を美味そうに採食するウソの雌

1420

萼(がく)片を落として愕然?

1520

白梅の花弁がぼやけてまだ残るが殆どは萼(がく)片の枝

1660

正面から見た採食中の鷽雌

1750

萼(がく)から萼(がく)へと鷽の枝渡り

2560

野に咲く梅は野梅(やばい)、鷽が梅をウメェーとホントのよう、萼(がく)を残らず食べたら野ばいよと愕然とする。
実が一つも成らないと案ずるがこれは杏でなく、野梅の話。

|

« 河津桜と尉鶲 | トップページ | 鷽とウソ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 河津桜と尉鶲 | トップページ | 鷽とウソ »