« 繍眼児と河津桜 | トップページ | 柳に野原鶫 »

2013年3月19日 (火)

野原鶫

初めてノハラツグミを撮影したのはDsc_67611 四年前の平成22年弥生三月中旬であった。初見・初撮りの望みをかけて始発の新幹線「のぞみ」で京都駅まで2時間ジャスト、全国の稲荷神社の総本社である千本鳥居で有名な伏見稲荷や見事な紅葉を観光した東福寺、10玉のDsc_68191_2 裏面にある宇治の平等院などへの観光で乗車したことがあるJR奈良線に乗り換えて宇治市木幡まで、新横浜駅から3時間弱で行ける撮影地であったのを今でも覚えている。
この二枚の写真はその時の思い出のノハラツグミである。今回のノハラツグミよりも腹の黒斑が多い。

今回のノハラツグミも水浴びが出来る川原近くの野球場のグランドでミミズなどを採食していた。

0351

グランドの芝生でミミズや昆虫の幼虫?などを採餌していた

0981

ここのノハラツグミはいつもこのように羽を下げている

1161

餌探しで胸を張り羽を下げてグランドを闊歩する

1181

ツグミの仲間はこの羽をぶら下げるスタイルが好きなのか?

1231

ミミズを見つけて咥えても羽は下げたまま

1401

いつも胸を張り常時羽を下げるのが好きなノハラツグミであった。京都で見たノハラツグミはこのような姿は見せなかった。

|

« 繍眼児と河津桜 | トップページ | 柳に野原鶫 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 繍眼児と河津桜 | トップページ | 柳に野原鶫 »