« 桜と四十雀 | トップページ | 砂かぶりの長元坊 »

2013年4月13日 (土)

草間から長元坊

藪から棒のように、瓢箪から駒とも言うのか、一瞬の出来事であった。水を見ずの時期は畑なのか田んぼなのかわからない耕作地の畦、草の中から突然顔を出し、獲物を持って飛び出したのはチョウゲンボウである、空のシルエットは空中の採食、空食と言うべきか、飛翔しながらの採食は翔食ともいえる。遥か彼方の給食を思い出し、腹が出て小食を願望する今となった。
予期せぬことが突然起こるのが藪から棒、意外な所から意外な物が出ることを瓢箪から駒、棒は坊の方であり、駒ではなく鳥であった。昨日は草間から長元坊が飛び出して空食をした。写真は全てトリムしてあるが絵空事ではない。

  初見どり 昔トキメキ 今動悸

0041

突然、草茂る溝の中から顔を出したチョウゲンボウ

0061

見とれているうちに飛び出した!

0071

何やら獲物を掴んでの飛び出しであった

0081

溝に水があればカエルかな?

0101

チョウゲンボウ♂である

0111

突然の飛び出しが撮れて舞い上がる、チョウゲンボウも空に舞い上がる

0171

露出をカエル暇なくカエルの空食はシルエット、撮る方はダイエットするが空言

|

« 桜と四十雀 | トップページ | 砂かぶりの長元坊 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜と四十雀 | トップページ | 砂かぶりの長元坊 »