« 鶯に魅せられて | トップページ | 峰温泉と河津七滝(かわづななだる) »

2013年4月 4日 (木)

散る桜に鶯

今日は好天であったがここの処、全国的に無粋な花散らしの風と雨の日が多い、今週はじめ好天の日に原点回帰の桜で有名公園で散る桜と残る桜とウグイスである。

散る桜 残る桜も 散る桜

良寛和尚辞世の一句と言われる、野鳥撮影を始める以前から今日まで都合3回も訪れたことがあるお茶の産地にある知覧特攻平和会館(南九州市)、若い特攻兵士の辞世の句にもなっている悲しい時代があり、涙なくしては読めない語れない、忘れてはならない桜の記憶のひとつ。今頃は桜も散り葉桜の若葉青葉の季節となり、ひと月足らずで八十八夜を迎える茶摘の季節となる。

3691

鶯は 雄蕊雌しべに 未練かな   

3761

花よりも 毛虫が好きと 見つけたり

4281

惜しまれて 散る桜に 別れ鳴き

4311

散る度に 鶯目立つ 桜かな

4361

散り遅れ 鳴き損ないに 花粉症

4591

老木に 若鶯が 盛りけり

5281

法法華経 枝に残りし 花添える

6731

花びらを 散らし囀る 花見鳥  

8621

散る桜 残る桜に 人来鳥

ウイキペディアによればウグイスの異称は多くある。春鳥(ハルドリ)、春告鳥(ハルツゲドリ)、花見鳥(ハナミドリ)、歌詠鳥(ウタヨミドリ)、経読鳥(キョウヨミドリ)、匂鳥(ニオイドリ)、人来鳥(ヒトクドリ)、百千鳥(モモチドリ)、黄鳥(コウチョウ)、金衣公子(キンイコウシ) など

|

« 鶯に魅せられて | トップページ | 峰温泉と河津七滝(かわづななだる) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶯に魅せられて | トップページ | 峰温泉と河津七滝(かわづななだる) »