« 葱と菜花と長元坊 | トップページ | 雀鷹幼鳥 »

2013年4月18日 (木)

雀鷹雄

二日前にここも原点回帰の横浜市内の公園へ二年ぶりに行きましたがこの日はいつもは狩に出掛けてあまり撮れない雄が何回も撮れたが雌を見掛けませんので雀鷹(つみ)の交尾がみられません。まだペアリング前なのか?それとも雌が抱卵中なのか?この日は雄が頻繁に撮れるが雌が見えない不思議な日であったがもっと不思議なのは、例年よりもカメラマンが少ない事であった。二年ぶりの出戻りで出遅れなのか~~~

0382

暗い場所の橡(クヌギ)の木にツミ♂がキィーキッキッキッ来ぬ

0461

朝日があたる明るい柳葉の新芽の下に赤い目、黄色いアイリングのツミ♂、頭は暗青灰色、喉から下は白く脇は淡いオレンジ色

0561

柳の枝で散歩、上面の背羽は暗青灰色、名称が雀鷹と言われるように鷹類では最小であり、キジバトよりも小さい。

1011

この日はいろいろな処の枝にとまる、淡いオレンジ色が新緑に映える

2091

身震いで胸の毛が立つ時にアイキャッチ

2500

暫くしてから飛び出しをキャッチ

3080

枯れた柳の枝を嘴で折り、巣に運ぶ、どうやら巣作りのようだが頻繁には運ばない、偶に行なうマイホーム作りなのか、それとも補修なのか?

|

« 葱と菜花と長元坊 | トップページ | 雀鷹幼鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葱と菜花と長元坊 | トップページ | 雀鷹幼鳥 »