« 岩盤浴と熱海海上花火 | トップページ | 池田町の蝦夷梟 »

2013年7月31日 (水)

トドマツでもがき苦しむ一番子

先日の給餌と前後しますがクリの木のウロから巣立ち、トドマツの葉の上に着地した一番子がトドマツと蔦が絡み合う枝で、もがき苦しんでいる様子です。

北海道で思い掛けない負傷をした不肖の夫ながらも家では夫唱婦随(夫が言い出し、妻がそれに従う)と自認していたが家で0041_2 は妻が婦唱夫随と思っていたようです。
隅田川の花火大会が突然の雷雨で中止になった土曜日の夜の8時頃のことです、妻が日課にしている夕食後の散歩に出かけたが近所の幼稚園前の下り坂で突然強く降り出した雨に駆け出して、転倒し右肩・腕・肘などを打撲して血だらけで家に戻りました、救急車を呼んで整形外科のある夜間の救急病院に担ぎ込まれて処置をして11時頃に帰宅した時の写真が右上です。右肩の下・右腕の骨折です、転んだ原因の詳細は不詳ですが雨で滑って転んだのではなく、雨に慌てて躓いて転んだようです。こ0110 の夜から夫婦で右手が使えない生活が始まりました、夫唱婦随とは夫が負傷した後に妻が負傷する、我が家の夫傷婦随・負傷婦随とはこの様である。因みに自分の超音波骨折治療の様子も0190_2 貼っておきます 。15分間の治療中にコンデジを左手に持ち、右腕ギプスの記念写真です。弁当箱大の本体とギプスに窓を開けてプローブを骨折した患部の上にゲルを塗布してバンドで軽く固定してパルス波で骨の成長を促進する超音波骨折治療法です。
夫婦で右手が使えなくなり、炊事・洗濯の手伝いに近所に住む娘がヘルパー代わりに来ています。
熱海の花火の前日に事件が起きたので7人の予約が婦抜け(腑抜け)となり付き添いの上の娘と二人を家に残し、静養気分は半減したが娘と孫の5人で熱海の温泉・岩盤浴と花火を楽しんできました。

北海道から帰宅後は右手が利かず、左手中心の生活をして出来ないことは妻に手伝ってもらっていたのが熱海から帰ってきてからは逆に寝起きを手伝う身分に昇格です。民生委員などボランティア活動でいつも家に居ないので家内ではなく家外、お外さんと呼んでいたのが家内に昇格ですが何も出来ません。二人共右手が使えず、食事(二人とも左手にフォーク)・洗面・歯磨き・トイレ・入浴・書面(文字書き)などで「もがき苦しんでいます」。

今日はトドマツの葉の上に着地した一番子が安定した枝に移ろうともがき苦しんでいた様子です。

9680_2

安定した太い枝に移ろうとうつろう一番子

12350

バタバタしながら上を目指します

12570

トドマツの細い枝葉が邪魔して、なかなか思うように移動出来ない様子

12680

やっと少し太い枝に来たが枝葉が邪魔のようです、チューを咥える親の方を見ている

12790_2

トドマツの一番子(下)と二番子(上)の移動前の位置関係

13960

ようやくここに辿りついた一番子

14160

ここで給餌のおねだりをしますが親が来ません

14180

枝の下方はカメラマンが待機しているので親が給餌をチューチョしています

6430

チューを咥えての給餌態勢の♀親

6440

♀親の給餌の飛び出し

6450

この時は上にいる二番子へ給餌でした

|

« 岩盤浴と熱海海上花火 | トップページ | 池田町の蝦夷梟 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

あらら
とんだことが連続にですかー

ケンさんの時は「鳥撮りを少し休みなさい」との天の声かと思ってましたが
奥様までとは災難でしたね

お互いの痛みはわかるので助け合いしかありませんね

これから夏本番
ちょいと痛い夏休みと思ってしっかり完治するまで
涼しいおうちで静養、治療して下さいね

お大事に

投稿: 横浜のうさぎ | 2013年7月31日 (水) 15:40

横浜のうさぎさん
こんばんは
あたたかいお言葉に感謝です。
一年前に鳥取でお世話になりました。
報いた恩は願わず、受けた恩を忘れず。
をモットーに願っていますが恩返しの機会がないままに今回もお世話様です。
ありがとうございました m( _ _ )m

投稿: ケン | 2013年7月31日 (水) 21:45

ケンさん!
何か災難が続いてますね。
たまには夫婦揃って、お互いに助け合っていきなさい、という、神様の啓示なのかもしれませんね。
災い転じて福となる!
起きたことは元には戻れませんが、前向きにケンさんご夫婦の更なる仲睦まじさにつながるキッカケになったのかも、ですね。
蒸し暑い日が続いていますが、ご自愛下さい。

投稿: いなサン | 2013年8月 1日 (木) 06:38

いなサン様
凹でいた時に心に響く言葉をありがとうございます。
いつも家にいない好きな事をしていた似た者夫婦には「好事、魔多し」でしょうか。
「苦あれば楽あり」「果報は寝て待て」とも言います。
この夏は北海道の写真を飽きが来るまで吟味して錦秋の秋を待つ心境です。
ありがとうございました。

投稿: ケン | 2013年8月 1日 (木) 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩盤浴と熱海海上花火 | トップページ | 池田町の蝦夷梟 »