« 尾白鷲の熱戦 | トップページ | 思い出と想い出 »

2013年8月23日 (金)

野付の野鳥

甲子園の高校野球最後のTV観戦は前橋育英が延岡学園を下し、逆転優勝、初出場初Vを飾った。イチローの日米通算4000本安打と歌手の藤圭子さんの死をTVニュースで知った。今朝はこれらのニュースを新聞の活字で見た。前橋育英 絆の栄冠、イチローの会見談話「8000回以上の悔しさと誇り」、演歌や艶歌ではなく怨歌と表現した作家の五木寛之さんのコメントなど、スポーツ中継や画像による即時性で一瞬に流れ去るTV報道と活字と写真に残る新聞報道との役割の差異などTVで見たことを新聞で再確認した今朝である。

今日は初夏の道東撮影旅、6月25日の野付半島周遊の記憶を辿る、野付半島は知床半島と根室半島のあいだに位置する、全長約26kmの日本最大の砂の半島、砂嘴(さし)であり、ラムサール条約登録湿地でもある。

1221

若いベニマシコ♂、花馬車の発着場所近くのハマナス(花はまだ咲いていなかった)の上にいた

1340

トドワラへの遊歩道の中間点でコヨシキリがこんな処に

1011

デイスプレイ・フライト後の休憩、オオジシギ

Ojirinn_1171

黄色い花のセンダイハギとオオジュリン♂

0590

翼を下げ、尾を上げてカッコーと鳴く姿勢のカッコウ、エゾカンゾウがチラホラと咲く

0750

センダイハギなどが咲く草原から飛び去る後ろ姿のカッコウ

1530

ハマナスの葉の上にカワラヒワ

0240

エゾノシシウドに乗るコヨシキリ

0780

フラワーロードの終点・駐車場近くの柵にとまるオオジシギ

原生花園では花が咲き始める5月ころから、ベニマシコ、オオジュリンといった小鳥を中心とした夏鳥たちが繁殖のために集まり、こここでさえずります。今年も干潟のアカアシシギ・タンチョウ・オジロワシなどが近くで撮れず来年に課題を残した。

|

« 尾白鷲の熱戦 | トップページ | 思い出と想い出 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾白鷲の熱戦 | トップページ | 思い出と想い出 »