« 熊啄木鳥の給餌 | トップページ | 音更の川秋沙 »

2013年8月 7日 (水)

尾白鷲の給餌

ユーラシア大陸の北部で繁殖し、日本では道北と道東の一部で少数が繁殖するオジロワシ、道東・白糠町山中の斜面で営巣中のオジロワシの給餌の様子、海岸方面に1kmも飛べば太平洋、魚類を主食とするオジロワシの給餌も海の恵み魚類を持ってくる。孵化と同時に若葉も育ち、大きな巣は若葉のカーテンで中の様子は日に日に見へ難くなる。

8481

魚を掴んで左の巣へ入る親の後ろ姿

8531

短い白い三角の尾の下に魚が見えるが魚の種類は?

8551

巣には黒い二羽のヒナが餌を待っているがあまり騒がないようだ

8751

親子で獲物の魚を見ているのか葉のカーテンで見えない

8991

もっと大きいのをくれよ!とヒナが叫んでいるように見える

9031

親はそれを聞くと休憩もせずに飛び去る

9041

休憩なしに直接海へ餌獲りに行くようだ

9051

羽を広げると2m以上の大きさのオジロワシ

9521

海から帰ってきた♂から空中で受け取り、魚を掴んでカラスに邪魔されずに巣にまっしぐらの♀

9581

魚の種類はわからない、くちばしを開けて待つヒナ

9661

左のヒナが飛び上がって大騒ぎ、右のヒナは静かに見ている

9701

給餌の様子が見えないがどうやら左のヒナに給餌

9841

右の幹の影にいた子が親の後ろから覗き込んでいるが魚が小さいので番がなさそう、今回は万事休すか

9991_2

給餌が終わると巣の枝に飛び移る、見上げるヒナ達

10051

巣にとまり暫しの休憩、親を様子を見守る二羽のヒナ

弟子屈のクマゲラの帰りに撮影、♂が狩をして空中で♀に餌渡し、♀親が給餌の役目であった。

|

« 熊啄木鳥の給餌 | トップページ | 音更の川秋沙 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熊啄木鳥の給餌 | トップページ | 音更の川秋沙 »