« 島青鵐雌と野鶲雌 | トップページ | 豊富温泉とサロベツ原野(島青鵐) »

2013年8月27日 (火)

蝦夷にゅうと野鶲

この2,3日は安眠できるので秋の気配を感じていますが今年の6月1日から7月11日まで初夏に遠征した北海道内にある道の駅114駅(昨年度も同じ114駅であった)に設置された道の駅毎に意匠を凝らしたスタンプを専用のスタンプ帳に収集するスタンプラリーにはまってしまった。昨年度までは野鳥撮影に専念していたのでスタンプラリーには無関心であったが、各駅にあるスタンプラリーのポスターにスタンプ数に応じて道の駅特産品が抽選で当たるのが目に入った。それに雨や霧で撮影出来ない日や道央から道東・道北などかなり広範囲に道内を走るのでなんの苦も無く収集出来ると思い込んでしまった。
2013年4月20日(土)~2014年3月23日(日)の応募期間にスタンプ5駅以上でメモリー賞は抽選で400名「道の駅」ポストカード(5枚セット)、チャレンジ賞はスタンプ20駅以上で抽選で400名「道の駅」A5クリアファイル、ラリー賞はスタンプ30駅以上で「道の駅」オリジナルトートバック抽選で300名、敢闘賞はスタンプ50駅以上で抽選で250名に「道の駅」特産品セットB、道の駅賞はスタンプ70駅以上で「道の駅」特産品セットAを抽選で150名、完走賞は道の駅スタンプ113駅以上で「道の駅」特産品セットSを抽選で100名、その他にWチャンス賞としてチャレンジ賞以上の応募者にA賞はポータブルカーナビゲーション抽選で5名、B賞は野口観光グループの共通宿泊券(一泊2日夕食付)抽選で10組20名である。
全駅完全制覇認定の申込方法は2013年4月20日~2015年30071_4 月22日の二年間に全駅113駅以上(オスコイかもえないは冬期 閉鎖)を完全制覇すると全駅完全制覇認定証及び2013年版全駅完全制覇ステッカーが手に入るが一説によると道の駅114駅の全制覇には総走行距離は8000kmといわれる。

0061_4  さて野鳥撮影が主目的で道の駅スタンプ収集は副産 物のつもりであったが早朝のサロベツのシマアオジを 撮影後に昼間に2,3ヶ所の鳥撮りポイントに出掛けて、帰りの寄り道に道の駅のスタンプ収集を行なった。北海道の天辺を走ったロードマップに走行したロードマップに黒マジックを入れました。

0061_5

天塩川河口草原と道の駅、おーいしじみの「てしお」、金浦原生花園と道の駅「富士見」、稚内空港隣のメクマ沼でツメナガセキレイを撮影した時は時間がなかったので道の駅「わっかない」には寄らずに7月3日の帰路に残した。
7月2日のサロベツ原生花園から日本海に向かい、道道106号オロロンラインに突き当たる、ここを左折して天塩川に向う、左に高さ99mの巨大な風力発電所28基が100m間隔で3kmにわたり延々と続くサロベツ原野を走ると天塩川河口大橋の手前で右折して直ぐに天塩川河口草原に着く、高さ2~3mの巨大な草木のエゾニュウの蕾と花の時季であった。

2311_2

エゾニュウの小さい蕾とノビタキ♂

2410

エゾニュウの大きな蕾と威嚇するノビタキ♂

2421

サラダ好きにはレタスかキャベツのように見える、あるいは幼児の頭か、ETか?大きな蕾の上にノビタキ♂

2560

こちらはノビタキ♀がエゾニュウ蕾の上に居座る

2940

赤紫色のエゾニュウの茎、上には大きな花、ノビタキ♀は小さな蕾の上

3090

これから開くエゾニュウの蕾とノビタキ♀の飛翔

天塩町を通り過ぎて遠別町金浦の金浦原生花園に向う。

3830

事前の情報で6月下旬に金浦原生花園のエゾカンゾウの花の時季は過ぎていることは承知の上で寄った、案の定エゾカンゾウは枯れていた。

386

エゾカンゾウのかわりに草原一面に黄色い花が咲いていたが野鳥は遠くて鳥も花もわらない。

2011

メクマ沼のツメナガセキレイ、木道脇に巣があり、給餌に忙しそうであった。

0090

ワタスゲの咲く中でツメナガセキレイ

231

潅木の上からの飛び出し

2670

これでツメナガセキレイの尾が開いた処で御開きです。

サロベツ原野に来る時に道の駅「おこっぺ」、「おうむ」、「マリーンアイランンド岡島」の三ヶ所でスタンプをゲットして来た、サロベツに来てから遠別町の「富士見」、天塩町の「てしお」、抜糸で紋別市に戻る帰路に稚内市の「わっかない」と猿払村「さるふつ公園」の道の駅のスタンプを1週間で合計7ヶ所収集したことになる。

|

« 島青鵐雌と野鶲雌 | トップページ | 豊富温泉とサロベツ原野(島青鵐) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島青鵐雌と野鶲雌 | トップページ | 豊富温泉とサロベツ原野(島青鵐) »