« 営巣中の稚児隼 | トップページ | 雨上がりの赤百舌 »

2013年9月 2日 (月)

稚児隼の飛翔

稚児ハヤブサといってもハヤブサの子ではありません、ハヤブサ5560_2 (L雄42cm雌49cmW84~120cm)に比べてチゴハヤブサは(L雄34cm雌37cmW72~84cm)でかなり小さい。
5590 今日は二日目の旭川のチゴハヤブサ。道の駅「あさひかわ」はJR旭川駅近くの南に位置し、旭川を起点に富良野を経由して日高方面に向う国道237号線に接している、札幌を起点として野幌・三笠・滝川など5450_2 でふくろうを撮影した「ふくろう街道」の終点も旭川市が国道12号の終点である、国道39号は旭川を起点に網走が終点、国道40号線は旭川を起点に稚内が終点となる。国道12号の終点と国道40号の起点となる交点の近く、国道40号に接して神5480 社の杜がある、ここが今回のチゴハヤブサの営巣木がある、カラスが使った巣のように思われる。

Chigo7661_2

巣から飛び出す直前のチゴハヤブサ

Chigo7671

飛び出してカラスを追いかける

Chigo_2131

ハヤブサよりも胴体が細く見え翼も細く長く感じる

Chigo_2181

手持ち用のカメラ・レンズが追突されて故障しているので三脚での飛翔撮影は難しい

Chigo_3131

さくらの枯れ木での休憩

Chigo_3361

ここもお気に入りでよくとまる枝であった

Chigo_4261

ここもお気に入りの枯れ枝

Chigo_4311_2

チゴハヤブサの特徴である、赤褐色の下腹・下尾筒・脛毛を全て見せる

Chigo_4321

次はストレッチでだらりと翼を広げる 

Chigo_4441

飛び出し前に翼と尾を全開してみせる

Chigo_4481

最後は飛び出して巣に戻る

|

« 営巣中の稚児隼 | トップページ | 雨上がりの赤百舌 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 営巣中の稚児隼 | トップページ | 雨上がりの赤百舌 »