« 渥美の森の百舌 | トップページ | 漁夫歌人に学ぶ紀行 »

2013年10月24日 (木)

黄鶲と蝦夷鶲

詩の一節ではないが時の流れに身をまかせて、徒然なるままにブログを書いてネットと交信し、ブログを更新している。今ではこれが習慣や癖のような勢いである。撮影の無い日が続くとこれで気持ちが高ぶり進む、高進ともいえる気分になる、ネットにブログが行進している様はそれだけで生きている証と想っている。
だが何も考えずここまでやってきたが本当にこのままでよいのだろうか、連載を続けていると一度はこのように顧みることもあったが何時の間にか惰性のようになってしまった。見方によっては生活習慣病に似ているような恐ろしい話でもある。

話はかわるが早くも2週間前の撮影となった権現山のキビタキとエゾビタキである。

8461

キビタキ♂が二羽いる話であったが色の薄い方が来た

8511

黄色の綺麗な雄は9時までには来なかった、色の薄い方が一度だけ来たが水を飲まずに去って行った。

7200

陽があたらない色のエゾビタキ

10020

陽があたった時のエゾビタキ

4820

エゾビタキがとまる枝にキビタキ♀が飛んで来た・・・誰じゃ?

4830

キビタキ♀が”あたしよ!”この水場の仕切り屋よ!・・・なんじゃおまえか

4840_2

エゾビタキはキビメスから目をそらした、分る気がする。

キビタキ♂はトリム、その他のエゾビタキなどはノントリ。

|

« 渥美の森の百舌 | トップページ | 漁夫歌人に学ぶ紀行 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渥美の森の百舌 | トップページ | 漁夫歌人に学ぶ紀行 »