« 渥美の森の鷹 | トップページ | 浜栲と小鳥 »

2013年10月20日 (日)

椰子の木と雀のお宿

10月8日に渥美の森から三河湾の最深部にある汐川干潟にオオ1620 ソリハシシギの確認に寄った帰りに田原市の三河湾に面した白谷(しろや)海浜公園に初めて寄り道してみた。春は潮干狩り、夏は海水浴場の浜辺には4,5人の釣り人が散見されるのみであった。この潮騒の浜辺には二種類の椰子の木が植栽されていた。椰子の木のことはよく分らないが左はカナリーヤシ(フェニックス)と思われる三本の椰1590 子の木が芝生の中に立つ、右は葉の形が異なる駐車場の前に一列に並ぶワシントンヤシと思われるノコギリの刃のような木肌が見える。
1690 カナリー椰子の葉の下はクッション状になり、シダ類や雑草などの草木が寄生するように着生植物が生えている。こんな椰子の木に雀のお宿があったのだ。

Irako_9541

カナリー椰子の木とおもわれる葉の下はシダ類などが着生している、そこにスズメがいた

Irako_9591_2

椰子の木の幹の天辺にもスズメが潜んでいた

Irako_9661

植物が着生しているクッション部分には穴があいてスズメの巣が見える

Irako_9821

スズメのアパートか?いくつもの巣穴が見えスズメが顔を出す

Irako_10090

クッション部分の下の幹にも巣穴のような穴が見え、スズメが穴のような前にたむろしている

Irako_10490

幹のあちらこちらにも巣穴のようなものが見える

Irako_1_2

クッション部分につがいだろうか二羽のスズメ

Irako_11281

こちらは巣穴の前の二羽

Irako_11800

着生した草木にとまるスズメ、この木は椰子の下に自生している木と同じである

Irako_12140

クッション部分がないワシントン椰子と思われる幹にもスズメが居た

Irako_12631

ワシントン椰子と思われるノコギリの刃のような樹皮の幹にもスズメが居た、こちらの椰子は住み心地はよくないように見える。

十月八日は「十と八で木の字となる」木の日である、木の日に南国情緒あふれる椰子の木に都会ではあまり見られなくなったスズメのお宿に気付いたのである。

   

|

« 渥美の森の鷹 | トップページ | 浜栲と小鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渥美の森の鷹 | トップページ | 浜栲と小鳥 »