« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

河津桜まつり

3151

第24回河津桜まつり2月5日~3月10日に今年も河津桜の見頃を迎えた晴れた日、2月25日、26日に観光して来ました。上の写真は25日に踊り子温泉会館付近の菜の花ロード・桜のトンネル付近で撮影したまだ蕾がある7分咲きの河津桜を吸蜜に来たメジロです、花の中に埋もれているメジロは撮り難いものです。
0100_4    最初に見頃になっていると言われた河津桜の原木を確認、25日午前8時撮影時は八分咲き。河津町田中の飯田勝美氏が1955年頃、河津川沿いで芽咲いているさくらの苗を
見つけ、庭先に植えたのが河津桜原木です。
001 当初、発見者の飯田氏の屋号から「小峰桜」と地元で言われてましたが、その後の調査で新種と判明、河津町に原木があることから、1974年に「カワヅザクラ(河津桜)」と命名されました。
河津桜はオオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種と推定されています。

Kawazu_0620 26日は「かわづいでゆ橋」(写真は上流の涅槃の桜方向を撮影)から河津浜海岸の国道135号線の「浜橋」まで菜の花ロードと名付けられた片道2・5kmを平日にも関わらず観光客で賑わう中、まるでラッシュアワーのような中を400mmを肩に担いで観光して来ました。河口に下る途中に河津桜が撮影ポイントとなる橋(豊泉橋・来宮橋・荒倉橋・舘橋・浜橋)が5ヶ所と無料の足湯(豊泉の足湯処・さくらの足湯処・河津三郎の足湯処)が三ヶ所ある。Kawazu_0821 豊泉の足湯処で30分も休憩、400mmで桜にとまるメジロを待ったが人通りが多いのでヒヨドリしか来なかった。ここでクイズです。足湯には脱衣所が「ある・ない」どちらと思いますか?あちこち温泉旅行している家内に質問したら答えは「ない」
Kawazu_0791でしたが、「ある」が正解です。 写真の右奥がその脱衣所です。タイツやストッキングを履いている女性もここの脱衣所を使えば足湯を堪能出来るのです。スパッツしか履かない老婆には判らなくても仕方がありません。豊泉橋の近くにある名木の「豊泉の桜」は一分咲きで夜間18:00~21:00のライトアップもまだでした。Kawazu_0860_2 ここまでは左岸の桜を眺めてきたが豊泉橋を渡り、 右岸に移動した。豊泉橋から今まで遊覧してきた下流の河津桜の風情です。橋の上には下流に向ってカメラを構える人があふれて場所取りも容易ではありません。この豊泉橋を町役場方向へ直進して直ぐ右側に樹齢60年以上の「河津桜原木」のある飯田家があります。Kawazu_1060
豊泉橋を渡り、駅方向へお花見ウオーキングコースを歩き次の下流にある来宮橋との間に数十軒の桜まつりの出店が軒を連ねて「河津の海産物・桜饅頭などの土産品」とB級グルメの屋台が出ています。
かわづいで湯橋から三つ目の来宮橋から上流の風景です。川の流れを変える工事をしています。

Kawazu_0880_2

Kawazu_1190_3 4つ目の荒倉橋付近の菜の花と河津桜のコラボです。

Kawazu_1210_2 伊豆急線の下流にある舘 橋から左岸の桜並木の風景、この舘橋を渡り左岸の桜を見るために右岸の遊歩道をそぞろ歩く、こちら側には桜並木はなく対岸(河津駅側の左岸)には菜の花と桜が綺麗に見えます。三つ目の足湯(河津三郎の足湯処)も右岸です。Kawazu_1351_2

河津三郎の足湯処を覗いたがここは二階部分にあり、左岸の桜を見物しながらの足湯処であった。ここから直ぐに国道135号線のKawazu_1300_2 橋の上、浜橋に出ると海岸が目の前にある。伊豆急方向の上流にカメラを向ける。歩いてきた左岸には桜は見えないが右岸は桜と菜の花が見事であった。Kawazu_1370_2

河津駅近くの桜まつりに多数の出店で祭りに花を添えていた。これらの出店から「金目鯛寿司」と「桜ビール」を買い求め、河津桜咲く川原で花見の昼食をとる。右隣でもKawazu_1391 金目鯛寿司、左の老夫婦はサンマ寿司を食していた。桜ビールは地元産と思いきや産地は新潟Kawazu_1410県でした。

 

Kawazu_1630 11時に出発した「かわづいで湯橋」に戻ったのは午後2時であった、往復5kmを400mmを肩に担いでのカメラの出番は数秒間の一回限りであったがコンデジは160枚の撮影、この橋の袂でウェディング姿のモデルの撮影会?をしていた。Kawazu_1641

Kawazu_1660

久し振りに5kmも歩き万歩計は19300歩となり、足が棒になるとよく言われるが棒が足になった感覚であった。明日・明後日の土日が一番の見頃かな。河津七滝(ななだる)の名木「隠居の桜」はまだ咲いていませんでした。

2月の末に久し振りのブログとなったので書き方も忘却した。

「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」と黄味ではなく気味でもなく、君の名を思い出した。昔の事は思い出すが最近の事が・・・歳のせいでしょうか?

 

| | コメント (0)

2014年2月25日 (火)

三脚の首が落ちる

「首が回らない」・・・「やりくりつかない」のは一年中だが「寝違えて首筋を痛めた」ので「首が回らない」ことが時々起きるようになった。昨年は悪夢が続いた年であった、首が回らなくても首が落ちる手品は見たことはあるが自分の三脚の首が落ちる白昼夢があった。
昨秋9月に長野県白樺峠のタカの渡りとタカ柱の撮影後更に足を延ばして、石川県輪島港から日帰りで舳倉島に遠征、担いでいた三脚の首にあたる雲台のネジが外れて640レンズとカメラを真っ逆さまに「ガシャーン」と島中に轟き渡るような大きな音を立てて、コンクリートの通路に落としてレンズとカメラの調子が悪くなったが悪い事が続き11月には遠征先の箱根で三脚の雲台がもげるように落ちる、あたかも椿の花が残雪の上に落ちるような「首が落ちる」不運が起きた。
花は桜 人は武士と言われるように桜は散り際が美しいもの、武士もまた潔く死に際が潔いもの。首が落ちるような椿の花を忌み嫌ったのは侍である。

「花は桜木 人は武士」の言葉を遺したのは室町時代に頓知で有名な一休さんこと一休宗純であった。「花は桜木 人は武士 柱は檜 魚は鯛 小袖はもみじ 花はみよしの」 と続き、最初と最後が桜である。
桜と言えば、一月下旬から開花した今年の沖縄の寒緋桜は既に終わった、沖縄の桜は本部八重岳の日本一早い桜祭りから開花して北から南下して南の那覇市で終わる、それから桜前線は本州へ島伝いに北上する。早咲きの熱海桜も梅園の梅よりも早く盛りを過ぎ、河津桜が満開を迎える時期になった。

三脚から雲台が脱落したように話も花に脱線したが三脚に話を戻すとサブレンズの400mmレンズ用に5,6年前に購入したジッツオ三脚の雲台取り付け部が破損した思い掛けない事故である。

005_2

修理後のGTTZO GT3540LSの三脚と GS3510S 3シリーズシステマィック用カーボンセンターポール(上下するエレベータ機構部)

001

カーボンのセンターポールの最上部が破損(接着不良?)して脱落、写真は修理完了後の写真(この部分だけが新しい)

002

交換修理後に上からの撮影

0031

右の細いネジがセンターポール側、左の太いネジが雲台を取り付ける

0561

雲台が乗るプレート部分

005

3シリーズシステマィック用カーボンセンターポール付きのGITZO GT3540LS 3型 6X CARBON 三脚(MADE IN ITLY) 雲台はManfrotto 503を使用しているが写真は雲台を取り付ける前

暫く撮影に出掛けていないので修理が遅れたが3ヶ月放置していたサブの三脚に春がやってきた。

| | コメント (4)

2014年2月 8日 (土)

釘を刺す

二ヶ月ぶりのブログとなってしまったが他人から独断と偏見に満ち満ちたこのブログを書くなと「釘を刺される」訳でもなく、自分から書かないと「釘を刺す」ような事でもなかった。「釘を刺す」とは、あとで逃げ口上を言えない様に、あらかじめ念を押すことであり、「釘を刺される」とは助動詞の「れる」が付いて受身の形である。
二年前にもタイヤ側面に黒茶色に錆びた「く」の字形の釘が刺さり、接地面ではなかったのでパンク修理不能、まだスリップサインが出る前であったが4輪とも履き替えたのが現在のタイヤである。
現在までに総走行距離21万km走行して夏用ラジアルタイヤ3回、冬用スタッドレス2回交換している。ー昨年から冬タイヤは履いていないので冬山や冬の北海道は二年連続でご無沙汰している。

005 013

新しい釘が接地面と側面の境目に刺さっていた、二年前は錆びた曲がった釘であったがもう少し側面の下であった。右は途中まで抜いた状態。

009 016

パンク修理剤の表面と裏面の説明書、二年前もこれを使用したが側面は空気を入れても一日持たなかった。これは万一に備えて購入しておいた常備品。

020 019

釘を抜いた穴に修理用のゴムを挿す、添付されている工具の穴に修理用ゴムをセット

017 022

このドライバーのような工具で赤いゴムを押し込む、右は抜いた真新しい長さ38mmの釘。

007 006

約一時間後に空気を入れる、これも二年前のパンク時に購入した足踏み式の空気入れ。10分位で空気が入るが一晩すると元の木阿弥でペシャンコとなる。

結論はやはりタイヤ側面の釘穴は修理不能であった。応急用スペアタイヤ(145の細いタイヤ)に交換して近所の買い物に使用、先日12ヶ月点検時に新しいタイヤを一本だけ交換してスペアタイヤは車の床下に格納した。

タイヤ溝の深さはデイラーでは4mmの測定結果、タイヤ交換の目安はタイヤのスリップサインが出る溝の深さ1・6mm、タイヤ溝は5000km走行で1mmの磨耗と言われる。
新品タイヤの溝深さは8mm。(8-1.6)x5000=32000km
新品タイヤは約3万キロ以上走行できる。

我が愛車は新車時からタイヤを6本交換して8年間21万km走行している。この一年間は鳥撮りの熱も醒めたのとガソリン高騰などで遠征が少なくなり、あまり走らなくなった。

因みに現用タイヤは(4-1・6)X5000km=7200km、あと7千kmは走れる計算である。

さてここからが本題の「釘を刺す」。自分で釘を拾った場合のパンクは釘を刺す、写真の様に新しい釘がタイヤの一番軟らかい側面に刺さるのは考え難い、人為的な刺さり方である、もしかすると悪質なイタズラのような「釘を刺される」
これが鳥撮りに出掛けたくない気持ちになった一因でもある。

| | コメント (2)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »