« 十六羽の川秋沙雛音更川へ | トップページ | 赤啄木鳥地上の採餌 »

2014年7月15日 (火)

神社境内の蝦夷栗鼠

 カワアイサの撮影の合間に撮影した蝦夷栗鼠(エゾリス)です。ネットではここは冬眠をしないエゾリスの年間を通しての有名な撮影地となっている音更神社の境内です。地元の人の話で音更町内の鈴蘭公園にもエゾリスはいるそうですが昼近くに行った時は山に帰っていませんでした、コンデジでスズランだけを撮影したが撮影はエゾリスの朝食にあたる早朝が良いそうです。

345

タンポポの咲くこの神社で初めて撮った蝦夷栗鼠ですがコリスなのか親リスなのかよく判りません

327

タンポポ咲く草地で地元の人が与えた胡桃を齧るエゾリスです

525

木の枝の上でも人が与えた餌の胡桃などを齧る境内のリス

136

横腹に見えるのは乳首?でしたら親リスですが・・・

127

これも親リスでしょうか?

150

たぶんコリスと思いますが三匹で追いかけっこをしていました

164

俊敏なコリスは動きが早くなかなか撮れません

356

こちらは親でしょうか、地元の人が切り株の上に置いた餌を食べる様子です

|

« 十六羽の川秋沙雛音更川へ | トップページ | 赤啄木鳥地上の採餌 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 十六羽の川秋沙雛音更川へ | トップページ | 赤啄木鳥地上の採餌 »