« 神社境内の蝦夷栗鼠 | トップページ | 北木走の採餌と給餌 »

2014年7月16日 (水)

赤啄木鳥地上の採餌

 森中に大きな音を響かせて餌取りのドラミング、強靭な嘴で木を突っつき、長い舌をつかい虫をすくい獲る虫取り名人のアカゲラ。このようなキツツキ類のアカゲラが音なしの構えで地上での採餌は珍しいものである。ここは高山植物の二輪草を植栽して群生するようになった音更神社の境内である。

079

ニリンソウの白い花の中で地上で餌探しをするアカゲラ♂

083

ニリンソウの中での採餌はどんな昆虫なのか興味深々です

089

なにかを餌を見つけたようです

091

嘴に咥えているのは青虫のような虫を咥えていたが・・・

100

ペロリと食べてしまい嘴の中から長い舌をペロペロ出しているので旨かったようです

103

こんどは石の上で黒い虫を採餌、流石に石の上では伝家の宝刀、キツツキはしません、這い回る虫を嘴で咥えました。

110

今度は苔むした石の上での植物の採餌です

111

給餌の餌を咥えているが青い葉が見えるので植物性の餌のようですが何かよく判りません。この後に営巣木へ給餌に戻りました。

|

« 神社境内の蝦夷栗鼠 | トップページ | 北木走の採餌と給餌 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神社境内の蝦夷栗鼠 | トップページ | 北木走の採餌と給餌 »