« 樹上の川秋沙その2 | トップページ | 孵化一週間の丹頂雛 »

2014年7月20日 (日)

小瑠璃の囀り

 日本の諺に「泣く子は育つ」とありますが大きな声で泣き叫ぶ赤ん坊は、丈夫な証拠で、健康に育つという意味です。
「早起きは三文の徳」早朝の公園で小鳥の鳴き声に心を癒されますが小鳥の場合は「よく鳴く小鳥は子孫繁栄」でしょうか。繁殖期のコルリのさえずりは前奏が「チチチ・・・」後半が「チョチョチョ・・・」とか「チッチッチッ・・・チヨチヨチヨ・・・」などと囀り、雌に向かって、または縄張りをアピールする。歌っている様に長く鳴くのを囀るという。渡来したばかりの頃は木の高いところで囀っているので空抜けや枝葉が邪魔して写真にならないが暫くするとだんだん下に降りて来て写真も撮り易くなり、撮影のチャンスが多くなります。5月末の千畳敷公園でもこの時期はコルリの囀りを撮る人が増えてきます。

323

明るい処に出てこないコルリは目が出ない!のをダメもと(駄目元)で貼ったがこれをハッタリとも云う

406_4

早朝まだ暗いうちからコルリ、高い梢の囀りをトリム

008

林床に降りてきても囀ります

025

昆虫やミミズなどの餌を獲りながらも囀る

083

公園のベンチの上でも大きく囀る

015_2

石柵の上でも「チチチ・・・」

017

落葉などの下にいる虫などを採餌する

333

石柵の上で斜にかまえての囀り

575

囀りも一休みで目が出た

147

石の上でも虫さがしの意思

ここでの5月下旬の1週間は二羽の♂の囀りを聞いたが雌を一度も見なかった・・・キビタキ♂もいたが囀りを聴いていないので♀の姿を見ていないが営巣中かも。

599

キビタキ♂

|

« 樹上の川秋沙その2 | トップページ | 孵化一週間の丹頂雛 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 樹上の川秋沙その2 | トップページ | 孵化一週間の丹頂雛 »