« 大雪旭岳源水の熊啄木鳥 | トップページ | 赤啄木鳥の給餌 »

2014年8月12日 (火)

隼と稚児隼

昨日のブログは昼頃に撮影したクマゲラであるがこの日の早朝5時から8時頃までは旭川市郊外の崖地でハヤブサを撮影していた。前日のニセアカシアの花の木で泣き叫ぶ幼鳥がどうなったか184_2 の確認の意味もあり、ハヤブサ親子が葛藤していた崖地にやって来たが幼鳥が半日以上も脱出出来なかったニセアカシアの木には 姿はなく、成鳥が営巣地近くの岩場で採食中であった。岩場には幼鳥らしきハヤブサは見えず、崖地に続く林の中で給餌を待つ鳴き声が聴こえる。

 ハヤブサに続きクマゲラの撮影後は夕方までチゴハヤブサの撮影であった、一日で三種の野鳥を撮影した日の過去ログであるが小鳥の三種と趣が異なる。

044

餌の隠し場所なのかハヤブサの親が採餌中であった

082

晴天の順光の中で佇むハヤブサの親、白ボケの花は崖地に咲くニセアカシア

091

飛び出し前

094

飛び出し

104 

青空へ飛翔するハヤブサ(午前8時頃)

チゴハヤブサは旭岳源水公園から約20km戻り、小学校校庭のトドマツの天辺にいた

014

空抜けの枝にとまり、腹から下尾にかけて特徴の橙色が覗いて見える

265

お気に入りの枝なのか、ここで採餌していた(午後3時頃)

298

ときどきこのような演技を見せるが観客は一人か二人のカメラマン

593

どこにとまっても空抜け

713

翌日も空抜けしか写真が撮れない、営巣場所はトドマツの中、中の様子は一切見えず、写真は全てトリムしてある。

|

« 大雪旭岳源水の熊啄木鳥 | トップページ | 赤啄木鳥の給餌 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大雪旭岳源水の熊啄木鳥 | トップページ | 赤啄木鳥の給餌 »