« 二日目の九羽の雛 | トップページ | 赤啄木鳥の給餌 »

2014年8月 6日 (水)

川秋沙親子の出来事

 今年巣立ちしたカワアイサの雛として初めて三日目の朝を迎えた。4回目の巣立ち雛達はこの日も早朝から9羽とも揃って無事に朝を迎えたがこの後に悲劇が待ち受けるとは想定外の出来事。多産系水鳥の無残。
 
音更町役場前の池に来たカワアイサ親子は、5月23日11羽、5月25日16羽。その後には6月3日5羽、6月6日9羽が役場前の池に入った。昨年は一度だけであったが今年はカワアイサ雛誕生の当たり年である。6日の9羽は6月8日(日)午前8時現在も小雨降る池にいるがこの9羽以外の雛は池に入ってから24時間以内の翌日には音更川に旅立ちしたが、なぜかこの親は三日目になってもまだ音更川に連れていく気配がないように思える。そのかわり今までのカワアイサ親よりもヒナを背中に乗せる回数が多いのでカメラマンを喜ばせている。

006

4時39分早朝から4羽のヒナをセナに乗せて元気良く鳴き始め

739

同じ4時39分には5羽も乗る

039

4時41分、最初の事件は他のメスが池に着水したのを追い払う、母は強し!

047

4時42分、9羽のヒナの前で親がお説教しているように見える

099

4時45分、今度は一羽のヒナを叱っているように見える?この親は叱るは教育、怒るは感情、分っているかな

143

8時5分、この親は背中にヒナを乗せるのが苦にならない、むしろ喜びとしているように見える、カメラマンの欲目

753

8時06分 背に乗る三羽のコッコ、羽(わ)羽(わ)羽(わ)わが三つ、昔の有名な石鹸のCMソング ♪ワ、ワ、ワ~、輪がみっつ♪を思い出す。

230

8時18分、餌不足か?泳ぎながら木の葉なのか、草の実なのか何でも食べる背伸びのこっこ。

279

8時21分、これが勢揃いした9羽の雛の最後となる、このあと8時30分頃にこの池から出た親子が上の千畳敷公園の池に向かう途中カラスに襲われて雛は8羽となる。
地元のひとりだけが様子を見に親子に付いていった時に目撃して池で待つカメラマン全員に悲しい報告があった。027

10時0分、疲れたのか?池の縁の雑草の前で佇むヒナ

034

10時5分 背に枯れ葉を乗せて餌探しのヒナ

040

10時20分親を先頭に公園の遊歩道を上の千畳敷公園の池に向かう仔っ子、世話人からカメラマンに後を追うなの要請がある

044

10時35分遊歩道の途中にある池から戻る親子、この時は既に二羽目のヒナが10時半頃にこの遊歩道でカラスの餌食になったと先程の地元の人が目撃。

061_2

9羽のヒナが7羽になった、遊歩道から役場前の池に戻る親子、往きはもっと散らばって歩いていたようだが帰りは気のせいか纏まって歩く

601

11時08分、ヒナ3羽が乗る、鏡面の池に映る親・雛・木々の青葉、悲しい出来事のあとの静寂

608

11時09分 石の上で親に向かって何か注文をつけているようなヒナたちの意思に見える

735

4羽のヒナのかたまりが乗る

751

右向きの三羽、羨ましそうに見る一羽

752

左向きのヒナのトリオ、ボクも乗せて~と追う雛

11時11分、見えなくなった一家を待っているとこの後は役場右の水路から町道の下の暗渠を通り、隣の音更小の池に入ったのでカワアイサの撮影は出来ないとの世話人の話で午前中でカワアイサの撮影を終了した。
後日の話として、また役場前の池に戻ったが親とヒナは数日後には殆どのヒナはいなくなり、この親はヒナを連れて川へ向かうことは無かったと知る。背中の上にヒナを乗せて大勢のカメラマンを喜ばしたこの親も親としての責任と義務を果たせず無残な出来事。これも食物連鎖の一環、一巻の終わり。

|

« 二日目の九羽の雛 | トップページ | 赤啄木鳥の給餌 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二日目の九羽の雛 | トップページ | 赤啄木鳥の給餌 »