« サロベツ原野の島青鵐 | トップページ | オムサロ原生花園 »

2014年8月16日 (土)

ベニヤ原生花園

 サロベツ原生花園ではハンノキの上でシマアオジの他にホオアカ・ノビタキ・ツメナガセキレイを撮ったがやはり小鳥には花がないと華がない。サロベツの豊富町から稚内市の道の駅「わっかない」へ48号線を40km北上し、稚内市から稚内空港へ、ここのメグマ沼で繁殖中のツメナガセキレイを撮ったがここも所々にエゾカンゾウがあるがまばらでサロベツよりも纏まった花がない、熊笹ばかりの時期であった。稚内から猿払村の道の駅「さるふつ公園」までオホーツク沿いを走る238号線を稚内から約60km、スタンプを押してから浜頓別町まで30kmを走り、9時半にベニヤ原生花園で一休さんをきめこみ、木道入口にある花ハウスのスタッフに花より団1158 子ではないが花より小鳥の情報を聞く、コヨシキリはそこかしこで囀るがスズランの丘まで行かないとベニマシコは撮れないと言われたが早朝からたった130kmしか走っていないが疲れが出たのか一周3km以上の周回コースを歩く熱意に欠けていた。トイレの上にある原生花園を見渡せる高さ10mの展望台さえも登る元気もなかったが一休み後に気を取り直して、重たい器材を担いで海岸方面へ木道を歩く、オオジュリンとンビタキは採餌の活動中、コヨシキリが盛んに囀るがここもあまり花がない。高さ3mにもなるエゾニュの蕾、白い花が開くと大きく目立ち虫が集まるがまだ蕾であった。

882

採餌中のノビタキ♀が昨年のセリ科の枯れた上に

959_2

ノビタキ♂が枯れた一年前のシシウド?の上で給餌の機会を待つ

1074

オオジュリンの目が出ないが足環が目立つ

980

コヨシキリがシシウドの蕾の上で囀る

1041

コバイケイソウの蕾の上で囀るコヨシキリ

1078

シシウドの花の上で採餌のノビタキ♂

1160

名も知らぬ花の蕾で囀るコヨシキリ

1170

コヨシキリの飛び出し

1172

正面顔のコヨシキリ

1188

コヨシキリのサエズリの横顔

1211

更に大きなサエズリ

この花の名前を花ハウスで聞き忘れたて1時間余の撮影でこの日の目的地のオムサロ原生花園まで238号線を123km2時間のドライブ。

|

« サロベツ原野の島青鵐 | トップページ | オムサロ原生花園 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サロベツ原野の島青鵐 | トップページ | オムサロ原生花園 »