« ドキュメンタリー映画「ぬくめどり」のDVD | トップページ | 将軍の御鷹場 »

2015年1月10日 (土)

新春の空に鷹が舞う

 正月2日の浜離宮庭園の放鷹術実演から早くも一週間以上も時が流れた。今年は更に時のうつろいを早く感じる齢になった、今日はとうとう十日である。
2日の午前11時開演の放鷹術実演終了後に出演した鷹匠達が鷹を拳に据えて、観客席に来たので写真を何枚も撮った後、12時半頃から将軍徳川家斉の食事記録に記されたレシピに基づき再現された一杯600円の「将軍の雑煮」を販売する出店の二十人以上の列に並んだが途中で雑煮が売り切れる程の人気であり、将軍の雑煮を食べ損なった。正月二日間で一万人以上の観客には、将軍の雑煮は異常な人気がある、人気があるのは鷹ばかりではなさそうである。豚汁に切り替えて温かい飲食物を摂り、午後2時からの開演まで午前中のハイライトで空に舞った、アカオノスリが戻るのを待ったが、庚申堂鴨場の木にとまったアカオノスリの撮影で午後の開演まで時間を費やした。

095

午後2時からの実演開始で鷹匠達が拳に鷹を据えての輪回りがはじまる、午後からは二番目に大塚紀子鷹匠が電通ビルから戻りこの定位置、午前中に輪廻りに参加していた龍君代鷹匠補は電通ビル屋上から飛ばした後に庚申鴨場に戻ってきた、アカオノスリのとまる木の処で忍縄(おきなわ)の鳩や鳩肉を入れた餌合子(えごうし)を鳴らしたり、声がかすれるほど掛け声を掛けたり、2時間もへばりついたままである。そんな中で午後の実演の始まり、鷹をそのばの雰囲気に慣らす輪回りが開始された。

761

先頭は諏訪流第17代宗家・田籠善次郎鷹師、昨年春に完成した映画「ぬくめどり」では髭をはやしていたが今年は髭がなく、さっぱりした顔である。

763

二番目は大塚紀子鷹匠、午前の部は電通ビル屋上に上がっていたが一日1回の屋上からの放鷹は午後の部ではない。

765

三番目は稲田早苗鷹匠「ぬくめどり」の中では鷹匠の試験に合格する姿がみられた。

767

四番目は榊原智子鷹匠補、鷹匠への試験で苦手な振鳩で苦戦していた。

769

五番目は菊池正人鷹匠補、ぬくめどりの中では休日に鷹匠の庵の料理長を勤めていた

772

六番目は若い十代の篠田朔弥鷹匠補。日本初の鷹匠の姿を数年間追ったドキュメンタリー映画「ぬくめどり」の中では、鷹匠に憧れてまだ鷹を飼うことが出来ない、13歳の中学生の時から河口湖から奥多摩の「鷹匠の庵」へ通い、田籠鷹師から指導を受けていた中学生が美少女に変身していた。憧れの女性鷹匠への道を歩んで浜離宮の晴れ舞台に立つ。

827

実演開始の田籠鷹師、英国産のオオタカと供に挨拶

889

稲田早苗鷹匠は「ぬくめどり」では会計事務所勤務のかたわら毎朝出勤前に近くの公園で鷹を据えて歩く姿があった。2013年に鷹匠試験に合格して2014年から鷹匠として放鷹術の実演に参加している。この日は最初の実演にオオタカ♀巴の据前(巴の飼い主)として出演

891

田籠鷹師目掛けてオオタカの巴が飛ぶ、巴は平安時代に木曽義仲と男勝りの活躍をした女武将の巴御前の名前から付けたそうです。♂以上に勇ましそうな♀鷹

894_2

振替の相手は田籠鷹師

904

田籠鷹師から稲田鷹匠への振替

906

鷹の巴が飛ぶ

910

稲田鷹匠が背中で巴の振替を受ける

915

稲田鷹匠から二度目の振替

918 

田籠鷹師への二度目の振替、鳩肉を喰う巴

927

背を向けて巴の振替を受ける稲田鷹匠

935

演技の二番目は渡りの実演、稲田鷹匠と巴の渡り、渡りとは拳から樹上に飛ばした鷹を再び拳に呼び戻す技である。

945_2

近くの樹に鷹を放つ、枝にとまる巴

955

稲田鷹匠が拳に呼び戻す

963 

二度目の渡りは巴は更に高い細い枝にとまる

975

稲田鷹匠の拳に渡る、二度目の巴

 

977

稲田鷹匠からご褒美の鳩肉をもらう巴

1000

三つ目の実演は見知らぬ人への振替、振替の実演に参加した希望者の一人目の女性と大塚鷹匠、参加者はいぶし鹿革製の手袋の「鞢:エガケ」を左手にはめて、鷹を拳の上にとめる指導をそれぞれの介添えの鷹匠から受ける。写真は無事に振替たハリスホークに鳩肉を与える場面

1009

鷹匠のテント前で振替の二人目の希望者の女性と介添え役の榊原鷹匠補

1028

振替の希望者三人目の女性のエガケにハリスホークがとまる直前、三人の見知らぬ女性に振替が無事終了。

1051

午後の最終演技は飛び流し

751

午後の実演が始まる前に鳩の入ったバードランチャーをセットする田籠鷹師と大塚鷹匠の二人の様子

1055

あっと言う間に飛び出した鳩を取り押えた、空中の写真はタイミングを外してボケた

1060

大塚鷹匠が鷹の獲物の鳩を据上げして鳩を逃がす

1078

実演後は鷹匠が観客席に鷹を見せに来て放鷹術は終演となる。

鷹匠の世界を数年間追い続けたドキュメンタリー「ぬくめどり」の中でも浜離宮の放鷹術実演は鷹匠の晴れ舞台である、今日は2014年の浜離宮の放鷹術の場面をもう一度観賞することにした。

|

« ドキュメンタリー映画「ぬくめどり」のDVD | トップページ | 将軍の御鷹場 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさん こんばんは^^
お久しぶりです(^0^)
お元気そうで・・・何よりです。
迫力ある・・鷹匠・・素晴らしいですね!
女性もいるのですね・・そして若い方も・・
今年も健康に気をつけて下さい。
どこかで また逢えるでしょうか?
今年も宜しくお願いしますm(__)m

投稿: ミント | 2015年1月18日 (日) 20:19

こんばんは

お久ぶりですが

ミントさんもお元気そうでなによりです

鷹匠の世界も師匠以外は女性鷹匠5名に

男鷹匠一人でした!

全ての業界に女性上位が目立つ昨今です、

今年も宜しくお願いします m( _ _ )m


投稿: ケン | 2015年1月19日 (月) 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179798/60946352

この記事へのトラックバック一覧です: 新春の空に鷹が舞う:

« ドキュメンタリー映画「ぬくめどり」のDVD | トップページ | 将軍の御鷹場 »