« シマアオジその2 | トップページ | サロベツ原野のアオジ »

2015年7月 6日 (月)

サロベツ原野のシマリス

 サロベツ原野で巨大な草木の蝦夷にゅう(高さ1-3m、花期7-8月に白い花が咲く)の花の上にとまるノゴマやノビタキを撮影中に枯れた蝦夷ニュウの上に何やら動くものがいた、エゾニュウの枯れた種子なのか実なのか?採食していたのは可愛いシマリスでした。こんなものを食べるのは初めて見る光景であった。

_dsc0683

エゾニュウの枯れ木にシマリスを発見

_dsc0701

枯れたエゾニュウのどの部分を採食しているのか?

_dsc0696

食事中に背中を見せる三本の黒い縞が見える

_dsc0701_2

またこちら向きで採食

_dsc0703

縦どりしてみた

_dsc0708

食事が終わった様子?

_dsc0710

食事後はスルスルと枯れ木伝いに降りて草原に消えた

|

« シマアオジその2 | トップページ | サロベツ原野のアオジ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シマアオジその2 | トップページ | サロベツ原野のアオジ »