« モモンガ騒動木(記)のクマゲラ | トップページ | 2週間隔のハヤブサ給餌撮影 »

2015年7月28日 (火)

初参拝神社のエゾフクロウ

 北海道遠征中に毎日セコマの野菜サラダ効果なのか、医者からは毎月の検診で3kg体重を減らせと言われ続けていたが帰浜後の体重測定では想定外の5kgも減量していた。ところが猛暑で外出も殆どなく、毎日の日課がブログ書きだけとなり、CSの時代劇を見ながら目の前にある菓子類の間食も多くなり、セコマ効果もなくなり、帰浜後たった10日間でかなりリバウンドしたようだ。高濃度炭酸泉の泡風呂が売りの港北の湯に入ってきたが体重計に載ると既に1・5kgリバウンドしていた、痩身効果があると云われる強力ジエット水流のエステバスでお腹回りを中心に痩身を試みたがそう簡単には減量することはない。医者に実践を誓ったダイエット効果はまだ保持しているがこの増量ペースでは元の木阿弥になり兼ねない。ここのスーパー銭湯の人気は高濃度炭酸泉、皮膚表面に細かい気泡(炭酸ガス)が付いて皮膚から吸収されると、毛細血管が開いて血流がよくなり、血圧が下がるといわれる。これが人気でこの屋上露天風呂は混むのでここでは入浴は10分間に制限されている。もう一つは秋田県の玉川温泉の「北投石」よりも効果が高いガスタナーストーンを使用した「天然ラジウム鉱石ミストサウナ」がある。今回はこの二つよりも痩身効果を狙い、強力ジエット水流のエステバスにあったが、即 効果が出て、えーぞ腹LOW、エーゾ・不苦労・・・エゾフクロウとはいかなかった。
今日は北海道で初めて参拝した神社のエゾフクロウです。初日は洞の中に2羽いたが翌日は一羽が巣立ち、残りの一羽がまだ洞の中、巣立ち雛の三羽は雛並びの撮影は枝葉が多く、朝参拝したお賽銭効果もなく、粘る意欲もなく惨敗でした。

_dsc0816

洞の中に二羽の雛の頭が見えた

_dsc0886

一羽が姿を見せる

_dsc0929

中立ちした左足の横にもう一羽の雛がいるようだ

_dsc0938

全身立ち上がる、もう一羽が左足の横から覗いているようだ、ここまでが初日(5月27日)の撮影

_dsc0954

翌朝の親(やさしい顔なので雌と思われる)

_dsc1018

もう一羽別の木に親、こちらの木には雛が三羽いるらしいがよく見えない

_dsc1165

二羽の雛がいたが二羽でも顔が揃わない

_dsc1210

今度は右側が顔を向けたが・・・

_dsc1237

洞に残っていた雛が姿を現す

_dsc1245

朝日が射す8時頃は眩しそうな目つきである、これを最後にここを去る。
撮影日5月28日

 

 

 

 

 

  •  

    |

    « モモンガ騒動木(記)のクマゲラ | トップページ | 2週間隔のハヤブサ給餌撮影 »

    野鳥」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « モモンガ騒動木(記)のクマゲラ | トップページ | 2週間隔のハヤブサ給餌撮影 »