« 蝦夷梟、福路でえ~ぞふくろう! | トップページ | 鉄道史を訪ねて、北海道鉄道開通起点標 »

2015年8月24日 (月)

三笠鉄道村・鉄道記念館

 日本の鉄道の開業は明治5年の新橋・横浜間、明治9年の京都・神戸間そして三番目が明治15年に北海道の小樽手宮・三笠幌内間である。
北海道の道の駅は今年から余市郡赤井川村の「あかいがわ」が115番目に新設されたが1番目の道の駅は「三笠」である。北海道の鉄道も道の駅も最初は三笠であった。三笠にはエゾフクロウの撮影で十年も通ったが三笠鉄道村は初めてである。

Dscn68200_2Dscn67410_2

三笠鉄道村・三笠鉄道記念館の正面玄関

Dscn67980_2

鉄道発祥の地碑

Dscn67991_2

鉄道発祥の碑文の拡大

Dscn6764_2Dscn67901

三笠鉄道記念館の静態保存の機関車

Dscn6778_3

C12 2 蒸気機関車

Dscn6774_2

C122の運転台

Dscn6777_2

C122の性能・仕様・履歴

Dscn6786

静態保存のSL C59609

Dscn6781_5Dscn6779_2

機関車の内部、左は機関手の正面、右は釜の蓋が見える

Dscn67921_3

C59609の履歴と仕様・性能

Dscn6765

三笠鉄道村案内図

Dscn6725

鉄道記念館の内部(一部)の信号機

Dscn68271

タブレット閉塞式

Dscn6828

タブレット閉塞器

Dscn6709

外部に展示してある機関車の一部。DE10 1702ディ―ゼル機関車

Dscn6751

外部に数台展示してある雪カキ車の一部、ラッセル雪カキ車、形式キ100

鉄道記念館の内部には北海道の鉄道史、鉄道の恩人や鉄道に関する装置や器具など無数の展示品がある。外部の展示は各種機関車・各種客車・除雪の雪カキ車などの北海道特有の写真を撮ったが俄か鉄ちゃんにはその存在価値、展示価値は知る由もなかったが今回は独断と偏見でその一部を貼った。

 

« 蝦夷梟、福路でえ~ぞふくろう! | トップページ | 鉄道史を訪ねて、北海道鉄道開通起点標 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 蝦夷梟、福路でえ~ぞふくろう! | トップページ | 鉄道史を訪ねて、北海道鉄道開通起点標 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト