« 森林鉄道蒸気機関車雨宮21号 | トップページ | 蝦夷猪独活(エゾノシシウド)と野鳥 »

2015年9月 1日 (火)

怪草木エゾニュウの花とノビタキ

 サロベツ原野で一際(ひときわ)異様に大きい草木のエゾニュウとノビタキの思い出、エゾニュウはセリ科シシウド属では一番大きく草丈は1~3mにもなる、昔オホーツクの海岸で6月に初めて見た時は人頭大のキャベツの塊から葉茎が出てくる怪物を見た気がした。茎先に大きな複数の白い花が多いのが特徴。花期は7~8月この白い花に誘われていろいろな虫があつまるのでノビタキなどの野鳥がこのエゾニュウに採餌に来る。
「エゾ」は北海道、「ニュウ」はアイヌ語で、食用・薬用になることに由来していると言われる。この怪植物は人もクマも芽吹きの頃に採取・採食するそうです。
撮影日7月3日サロベツ原野の海岸

_dsc0381

エゾニュウの花に来た全長13cmノビタキ、ノビタキと比較するとこの花の大きさが分かる

_dsc0382

無心に虫を探しているノビタキ♂直立した太い茎は、上部でいくつも枝分かれしている

_dsc0384

ダンスのように花の上で舞う、虫取りの舞

_dsc0394

エゾニュウは一つの茎に一つの花、静止のノビタキ

_dsc05240

逆光の中でノビタキ♀の虫取りの舞

_dsc05320

花が開く前の鞘にとまる♀

_dsc06451

花が開く前の鞘の上で虫を咥えるノビタキ♂

_dsc12141 

海岸に咲く巨大なエゾニュウの花が開く前の鞘の上にノビタキ♂ 

_dsc11960 

エゾニュウの紫色の茎にとまるノビタキの幼鳥と思われる

_dsc11300

エゾニュウの茎にノビタキの幼鳥  

_dsc07051  

最後は開花し結実して枯れ死したエゾニュウの実を採食するシマリス

春先はクマが好んで茎を食べ、人もエゾニュウの山菜とりにクマのエリアに入る、夏の白い花の盛りは昆虫が集まり、野鳥が採餌に来る、枯れ死した後にシマリスが採食に来る北の大地の魅力が詰まった怪物である。 

 

 

 

 

 

 

|

« 森林鉄道蒸気機関車雨宮21号 | トップページ | 蝦夷猪独活(エゾノシシウド)と野鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 森林鉄道蒸気機関車雨宮21号 | トップページ | 蝦夷猪独活(エゾノシシウド)と野鳥 »