« 舳倉島のヤマヒバリ | トップページ | 法師温泉と塩原温泉の旅 »

2016年3月28日 (月)

三ツ池の胴吹き桜

 3月28日天候は早朝小雨・曇り・午後から雨の日、港北区のソメイヨシノはまだ3分咲き程度ですが、日本の「さくら名所100選」の三ツ池公園のソメイヨシノの開花状況を自分の目で確認してきました。

Dscn91640

日本さくら百選の三ツ池公園の売店横の標準木、一番咲いている枝先の桜はこの程度、甘く見ても2分~3分咲き、花見にはまだ早い!

Dscn91461

標準木とあって三ツ池公園では老木・古木の部類、四日前に開花宣言されたが雨が落ちてきそうな寒空では今朝もまだこの程度、この標準木に満開前に「胴咲き桜」が幹から申し訳なさそうに咲いていた。

Dscn91410

染井吉野の代わりに標準木近くの「横浜緋桜」は見頃である、背景は中の池

_dsc37070

中の池からの中間から横浜緋桜と柳

_dsc37170

90mmマクロレンズで撮影した横浜緋桜

_dsc37251_2

丘の上広場に移動するとマンサクの花にヒヨドリを見つける

 

_dsc37411

満開のマンサクの黄色い花を啄ばむヒヨドリ、サクラよりも「まず咲く」が東北弁が訛ってマンサク?

 

_dsc37470

丘の上の広場の老木のソメイヨシノの幹にも「胴咲きサクラ」、染井吉野のナンバー札の脇で枝先よりもお先に失礼!と可憐に咲く

 

_dsc37481

同じ様に隣の古木にも胴咲きの桜ちゃん

_dsc3774

三本目の胴咲き桜は5~6輪咲いていた、樹勢の衰えたサクラに多いと聞いていたがこの付近は老木が多い

_dsc38141

老木の下ではまだ下手なウグイスの囀りを見つける、SSが遅くクチバシが震えている

_dsc38161_3

鳴き止むと嘴のピントが合う

_dsc3859

老木近くではサクラがまだ1分咲きでは蜜吸うヒヨドリも花が散ったマンサクの木にも来た、マンサクの花が人気のようです?

_dsc3923

ここでも少なくなったマンサクの花ビラを啄ばむヒヨドリ、散ったのか食われたのか?

 

_dsc4019

サクラの根本ではガビチョウが餌さがし、このガビチョウが囀るとウグイスが鳴き止む、日本三鳴鳥のウグイスもガビチョウの声量には敵わない。

染井吉野の咲き具合を見にきて、胴咲き桜が気になってしまったが野鳥も撮れた今日のブログでした。

 

 

|

« 舳倉島のヤマヒバリ | トップページ | 法師温泉と塩原温泉の旅 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舳倉島のヤマヒバリ | トップページ | 法師温泉と塩原温泉の旅 »