« 赤翡翠(アカショウビン)の巣作り | トップページ | 五稜郭の桜 »

2016年4月24日 (日)

水場の琉球赤翡翠(リュウキュウアカショウビン)

 前回の北海道でのアカショウビンの巣作りを撮影した一ヶ月後に今度は宮古島のリュウキュウアカショウビンを撮影しました。野鳥撮影をはじめて4年目、目標の四百種を目指して東奔西走していた野鳥撮影のモチベーションが最高潮の時期です。
「空飛ぶ宝石」といわれるカワセミで野鳥撮影に入門してから、バーダーさんに一番人気の「火の鳥」とか「赤い宝石」とよばれるアカショウビンの撮影旅行は新潟県松之山温泉を皮切りに福島県裏磐梯、長野県戸隠森林公園、北海道大沼公園、青森県十二湖、鳥取県八東ふる里の森、長野県栄村などに行きましたがいずれもブラインドなしでの撮影でした。唯一のブラインドを使用した場所にリュウキュウアカショウビンが水場でダイブする様子が撮れる沖縄県宮古島大野山林がありました。

ここはブラインドを張らないと地元の野鳥の会から注意されます、この日は撮影中に池の周りにロープが張られました、カメラマンは二人ともブラインドをしていましたので、マナーの良い人もいますが池の縁までマナーの悪い人が行くのでロープを張っていると説明をしていました。ここのリュウキュウアカショウビンは暗い水場の鳥の水浴びが撮れるがブラインドが必要であると東京から来られた先客の人にも言われました。ブラインド用に持参した幅2m高さ1mの迷彩色の布を出してカメラレンズの前に張り左右の紐を木にしばり、アーミーナイフで縦に二ヶ所切割きレンズを通す穴を二つ作成して撮影開始である。真昼でも暗い場所なのでSSが上がらず、ダイブの写真はボケボケでした。

0879nado_0720

リュウキュウアカショウビンの尾羽の上の水色は長く大きい様子がわかる

0879nado_1371

豪快にダイブ

0879nado_1381

水浴びが好きなリュウキュウアカショウビン

0878_206

人口池と思われる周囲は南西諸島特有の気根が下に垂れ下がるマングローブの仲間と思われる南国の木にリュウキュウアカショウビンが水浴びに来た。

0878_209

亜種リュウキュウアカショウビンは南西諸島に広く分布して夏鳥として棲息する。羽色は亜種アカショウビンよりも紫ががった濃い色をしている。

0879_1511

腰の水色も亜種アカショウビンよりも大きく水色が綺麗にみえる

0879_126

ブラインドしているとこんな近くでも撮れます

0878_059

0878_089

ダイブするとこんなみすぼらしい有様になる

0878_116

身だしなみの手入れ

 

0879_210_2

ダイブする前は大分綺麗にみえる

0878_117

ダイブ後の倒木の上、ここは水がすくなると町で軽トラに水槽を載せて補給にきます。

0878_135

太く赤く大きい上嘴の根本の毛が立っている、それとも気が立っている目つきなのか?

 

0878_206

なぜ鳴いたのか思い出せない

0878_244

こんな格好も・・・・

0878_259

白目をむいてクチバシの掃除なのか?

 

0878_393

水場で鳴いた!

0878_414

それとも水場で威嚇・・・

0878_418

これは囀りの鳴き方ではなかった

0878_433

水浴び後の羽繕いは身だしなみの一部

 

0878_457

 

右羽の次は左羽の手入れ、リュウキュウアカショウビンには逆光の中で左羽の手入れが良く似合うと思いました。

苫小牧行のフェリーの中でWebが繋がる時間帯に二日がかりで作成したので構成と文章がバラバラになってしまいました。

 

 

|

« 赤翡翠(アカショウビン)の巣作り | トップページ | 五稜郭の桜 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤翡翠(アカショウビン)の巣作り | トップページ | 五稜郭の桜 »