« 準鉄道記念物・SL排雪列車「キマロキ」 | トップページ | 元横綱千代の富士関を偲ぶ »

2016年7月31日 (日)

景勝地・神居古潭(カムイコタン)のSL

 滝川・深川方面から旭川方面に向かう国道12号線の神居古潭(かむいこたん)トンネル直前の交差点で左側の旧道に左折すると石狩川の急流を望む景勝地がある、神居古潭の対岸にエゾヤマザクラが春色に彩られていた。(撮影日5月11日)

_dsc72990

石狩川急流の景勝地神居古潭(カムイコタン)

_dsc72251

石狩川に架かる神居大橋、この古い橋を渡ると対岸に電化により廃線・廃駅になった旧神居古潭駅駅がある

_dsc72221

函館本線廃線駅神居古潭駅の桜、電化によりおなじように退役した蒸気機関車が3台見える

Dscn08810

プラットホームと復元された歴史のあるトイレ

_dsc72921_2

神居古潭駅舎から動輪碑と三台のSLを写す

_dsc72361

三重連のように見える三台のSL

_dsc72401

29638号機・C57 201号機・D51 6号機の履歴

_dsc72380

SL 29638号機・SL C58 201号機・SL D51 6号機 

_dsc72390

SL 29638号機

_dsc72430

SL C57 201号機は C57形のラストナンバー機

_dsc72460

SL D51 6号機と桜の花

_dsc72530

D51 6の後方からのSL3台を写す

_dsc72601

動輪碑とSL三台 サイクリングコースの道標

_dsc72730

1969年(昭和44年)の廃線跡・廃駅跡の桜は何時頃からあるのか?今はサイクリングコースの花見コース?秋は紅葉見物コースになるようだ。

_dsc7268

石狩川側のホームはコンクリート板が崩れ立入禁止となっている

_dsc7269

錆びついた神居古潭の駅名標、旭川方面は伊納駅、深川方面は納内駅、この両隣の駅は今もあるが神居古潭駅だけは路線変更で廃線・廃駅になった。

_dsc72770

相対式二面二線のホームであった、舗装された線路は現在サイクリングロード

_dsc72811

旭川方面のホームの上にある松にキビタキが囀るのを撮る、あいにく野鳥用の望遠レンズは車の中に置いてきた

_dsc72860

改札口から深川方面の景観、今も桜花だけは変わらないと思われる

_dsc72900

旧神居古潭駅(復元)の入口、今はサイクリングコースの休憩所となっている

|

« 準鉄道記念物・SL排雪列車「キマロキ」 | トップページ | 元横綱千代の富士関を偲ぶ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 準鉄道記念物・SL排雪列車「キマロキ」 | トップページ | 元横綱千代の富士関を偲ぶ »