« 俄か鉄ちゃんの釧路湿原ノロッコ号撮影 | トップページ | 森林鉄道・蒸気機関車・雨宮21号 »

2016年7月23日 (土)

富良野・美瑛ノロッコ号

 観光列車の釧路湿原ノロッコ号と同じように観光地の富良野・美瑛にもノロッコ号が走る、旭川→富良野ノロッコ1号と富良野→旭川ノロッコ6号の他は上り富良野→美瑛のノロッコ2号と4号、下り美瑛→富良野のノロッコ3号と5号の上下6本のノロッコ号が走る。夏休みとラベンダー観光などのシーズンのはじまりで指定券の入手も難しくなると思われる。(今回はお手数ですがカテゴリーを鉄道にしてありますのでカレンダーの日付かタイトルをクリックしてください

_dsc5575_2

釧路湿原ノロッコ号のオクハテ510-1は緑色塗装であるが富良野・美瑛ノロッコ号は茶色塗装のオクハテ510-2形は、機関車と反対側の編成端に連結される車両である。分類上は客車であるが、片側に運転台を設置しており、最後部に機関車を連結した状態で機関車を制御・走行(推進運転)することができる。「オ」=車両の重さを表す記号。「ク」=運転席がある車両。「ハ」=普通車。「テ」=展望車。510=50系51形客車の北海道での改造車両の種別。(ウィキペディア国鉄50系客車より抜粋・転載)

_dsc5584_2

旭川始発のノロッコ1号は途中の8駅を通過して美瑛駅に到着する。富良野・美瑛ノロッコ号のディージゼル機関車DE15 1533

_dsc5595

ツアーコンダクター?

_dsc5596

車掌はピンクのシャツを着て観光地仕様?で目立つ

_dsc5600

富良野線の富良野・美瑛ノロッコ1号は旭川発9:56、旭川から美瑛まで途中の8駅を通過して9駅目の美瑛駅に10:25着、上り列車を待機して10:38発で次の停車駅・美馬牛駅へ出発した。

_dsc5612

上り列車とすれ違いに美瑛駅を発車したノロッコ1号

 

_dsc5652

終点の富良野駅 表口

_dsc5653
富良野駅ホーム、富良野は北海道のへそ、北海へそ祭りは7月28、29日はへそ踊りで町中がにぎやかになる

_dsc5655

11:36着富良野・美瑛ノロッコ1号下りの先頭車オクハテ510-2は上りのノロッコ2号として11:53発美瑛行となる

_dsc5668

美瑛行の先頭車はディーゼル機関車DE15 1533

_dsc5670

機関室は横向きに運転するように計器が並んでいる

_dsc5683

富良野駅から1・2Kmにある空知川の支流にある橋を渡るノロッコ2号、橋のたもとで待機撮影 

_dsc5692_2 

目前を通過するディーゼル機関車DE15 1533

_dsc5694

目前を通過するディーゼル機関車DE15 1533

_dsc5712

最後尾の展望車

_dsc5716

オクハテ510ー2の運転席は空席

_dsc5731

中富良野駅手前の踏切でノロッコ2号の通過待ち

_dsc5756

踏切を通過する最後尾のオクハテ510-2

 

_dsc5766 

今度は上富良野駅手前の踏切、助手席側の窓枠が画面に入る窮屈な撮影

_dsc5771

踏切を通過するディーゼル機関車DE15 1533の右側の運転手は正面向きであった

_dsc5777

上富良野駅手前の踏切を通過するノロッコ2号の展望車を踏切待ちでパチリ

_dsc57910

中富良野駅の次のラベンダー畑駅の撮影予定が道路の混雑で間に合わず、美馬牛駅に変更して先回りで待機しているとノロッコ2号が入線してきた

 

_dsc5813

美馬牛駅で観光客の乗降をすませて12:38出発進行

_dsc5861

次は終点の美瑛駅到着は12:55

_dsc6242

ラベンダーシーズンの臨時停車駅ラベンダー畑駅、駅の周囲はハウスメロン畑と田んぼ、ラベンダーのファーム富田までは600m

 

_dsc6246

この駅でのノロッコ2号撮影は間に合わず、二日後に駅の様子を撮影した(雨天後の曇天)。

 

|

« 俄か鉄ちゃんの釧路湿原ノロッコ号撮影 | トップページ | 森林鉄道・蒸気機関車・雨宮21号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俄か鉄ちゃんの釧路湿原ノロッコ号撮影 | トップページ | 森林鉄道・蒸気機関車・雨宮21号 »