« シブノツナイ湖のオオジュリン | トップページ | 山彦の滝(裏見の滝) »

2016年8月11日 (木)

ビール工場の静態保存SL

 ビール会社とSLの撮り合わせ、ひと月前の7月11日に訪問した札幌市東区北7条東9のサッポロガーデンパークのビール園に静態保存のSL 9543号機と翌日の7月12日に見学した千歳市上長都のキリンビール千歳工場内に静態展示されているSL D511052号機。
今回はビール好きが撮ったSLの取り合わせ(撮り合わせ)です。この時は幸せのひと時でした。

Dscn00660_2

サッポロビール園、後方中央の入口は開拓使館、4年前に北海道旅行をしたときに新札幌駅のホテルからタクシーに乗り、このビール園で飲食した時にこの玄関で孫と記念撮影したのを思い出した。

_dsc78180
赤レンガの建物は明治23年、幅85m・奥行17m・高さ10m、エントツの高さ49m、サッポロビール園の博物館の入口(画面中央)

 

_dsc78140

博物館の手前、ビール大麦(品種りょうふう)の研究・育種に力を注いでいるそうです、後方の樽は「麦とホップを製すればビイルといふ酒に奈る」と書かれています。サッポロビールの前身である官営「開拓使麦酒醸造所」開業式のサインを復元したものと説明されていました。

_dsc7839

博物館前にあるビール仕込釜

Dscn00611

SL 9543号機の後ろの案内板、駐車場から約200m、北海道日本ハムファイターズ室内練習場の前あたりに静態展示されている

_dsc78250

左後方は上の案内図、SL 9543号機

 

Dscn00580

後方赤レンガの建物はビール園ポプラ館

_dsc78320

日本ハムファイターズの室内投球練習場の前からの撮影

 

_dsc78230

サッポロビール園の静態保存SL9643号機の履歴

7月12日千歳市キリンビール千歳工場を見学

Dscn0161

キリンビール千歳工場正門

Dscn01600_2

大きな正門から左折して見学者の駐車場に向かう

Dscn0159_3

ブルワリーツアー(工場見学)バスが待機していた

Dscn01570_2

左手の受付でSLの見学を申し込むと受付嬢が50m奥にあるSL静態展示の場所へ案内してくださる、工場見学を誘われたが時間が無いと辞退する。

Dscn01430_2

受付嬢に案内されたSL D51 1052号機

_dsc81460_3

ここは屋根付きの静態保存

 

_dsc81610_2

運転席の横からの撮影

Dscn01460_2

他の静態保存と異なり、線路が100m先まで施設されている、今にも走り出すように錯覚を起こしそう 

_dsc8149_2

SL D51 1052号機の履歴

Dscn01560_2

D51 1052号機前より前方の線路を写す、静態保存のSLにこれほど長い線路は初であった。

|

« シブノツナイ湖のオオジュリン | トップページ | 山彦の滝(裏見の滝) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シブノツナイ湖のオオジュリン | トップページ | 山彦の滝(裏見の滝) »