« 伊東園ホテル草津と湯畑見物 | トップページ | 後志(しりべし)の道の駅 »

2016年8月25日 (木)

桜の頃の北海道鉄道開通起点

 今頃になって思い出したのが、5月1日北海道桜の季節に訪れた北海道鉄道起点標のある小樽総合博物館の鉄道施設、桜が主役の写真をまとめてみました。

Dscn0033

5月1日開館前の8時30分駐車場からの撮影

_dsc5533

正面入り口の客車利用の食堂脇にソメイヨシノ

_dsc55311_3

小樽総合博物館の桜は葉と花のエゾヤマザクラが殆どであった

Dscn0125

手宮公園の蝦夷山桜を見物しながら下の小樽総合博物館の展示車両を撮り下ろし

_dsc5575

北海道鉄道鉄道開通起点標 (ゼロマイルポイント)

Dscn0068

1880年(明治13)に開通した北海道鉄道開通起点標の由来

Dscn0062

小樽総合博物館のエゾヤマザクラ

_dsc55560

トラ57964とサクラ

Dscn0064

DE10 503 とエゾヤマザクラ

_dsc55610

ホキ2226、ストラ57964、桜と踏切

Dscn0066

エゾヤマザクラ

_dsc5563

C12 6、キシ80 12と桜

Dscn0067

キハ22 56、ED75 501、キハ22 56とサクラ

_dsc5566

ED75 501、キハ22 56 とサクラ

Dscn0105

排雪車とさくら

_dsc55701

静態保存のSL C12 6 とサクラ

_dsc55740

動態保存のSL アイアンホースの線路

_dsc5590

二つ目の奥にある転車台で線路を変えるアイアンホース号

_dsc55981

ホームには乗って来た大勢のお客さんが転車台を見守っていた

_dsc56221

乗客を乗せて出発してきたホームへ戻る動態保存のアイアンホース号と桜

_dsc5626

国指定重要文化財 旧手宮鉄道施設 由来

桜が主役の小樽総合博物館(旧小樽鉄道博物館)の鉄道施設でした。

|

« 伊東園ホテル草津と湯畑見物 | トップページ | 後志(しりべし)の道の駅 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊東園ホテル草津と湯畑見物 | トップページ | 後志(しりべし)の道の駅 »