« 越後・大湯温泉・ホテル湯元 | トップページ | 桜の頃の北海道鉄道開通起点 »

2016年8月24日 (水)

伊東園ホテル草津と湯畑見物

 魚沼市の大湯温泉から翌日は温泉No.1の草津へ向かった。若い頃から慰安旅行などで数回来たことがある草津温泉であったが孫どもは初めての草津である。2015年4月1日より「かんぽの宿草津」を伊東園ホテルズが買収して、伊東園ホテル草津になった。車のナビにヒットしないので草津温泉の中心地の湯畑にセットしてR17号で草津に向かった、道の駅たくみの里で昼食、中之条町から草津町に着き、湯畑付近のお店で伊東園ホテル草津の場所を訪ねたが、旅館・ホテルの案内図にはまだ載っていなく、孫がスマホで見つけた場所は湯畑から3km離れた場所であり、かなりわかりにくい場所で、カ―ナビには「かんぽの宿」が出てきました。
3時半頃に到着したのは森の中にたたずむ白い4階建てのホテルでした。湯畑から離れているので静かな別荘地にある宿からはシャトルバス利用で行けますが翌朝の帰りがけに湯畑観光にした。一泊二食の
バイキング料理と飲み放題のアルコール類は他の伊東園ホテルグループとほぼ同じようでした

Dscn9110

伊東園ホテル草津の玄関

Dscn9121

前日泊まったホテル湯元と同じような器具が並ぶ

Dscn9117

万代鉱源泉のツルツルの温泉には滑り止めのマットが敷いてある

Dscn9111

湯もみ板が二枚飾ってあった、泉温は加水で調整済

Dscn9114

露天風呂、内湯と同じ源泉は万代鉱

Dscn9116

露天からの景色は森の緑

Dscn91201

成分表 源泉・万代鉱、湧出温度96・5℃を加水で42℃温度調整

Dscn91231

因みに神奈川の箱根湯本はベスト10に入った

Dscn9128

無料の貸切風呂は室内と露天風呂がセットになった様式で二ヶ所あるが予約制

Dscn9129

貸切風呂の浴槽

Dscn9130

貸切風呂には露天風呂がセット

宿泊客に人気のある卓球台は3台、参加自由のカラオケは二部屋でいつも満室状態であった、夕食後は久し振りに卓球で汗を流し、カラオケで歌う家族をビデオ撮影して、温泉旅行を楽しんだ。翌朝は9時から湯畑見物から帰路につく

Dscn9157

翌朝のフロント

Dscn9156

ロビー&インターネットコーナー

Dscn9158

売店コーナー

Dscn9162

玄関アプローチとシャトルバス

Dscn9163

湯畑・バスロータリー行のシャトルバス

Dscn9219

湯畑ロータリー

Dscn9174

湯畑

Dscn9175

草津に歩みし百人の一部

Dscn9188

湯畑

Dscn9196

湯畑

Dscn9218

白旗源泉

Dscn9224

湯畑の階段を上った奥に光泉寺本堂

Dscn9226

湯浴み弁財天

Dscn9229

遅咲き如来を祀る釈迦堂

Dscn9230

本尊の遅咲き如来の由来

台風9号の中を無事に帰れるように神仏に願った甲斐があり、台風の上陸した後の風雨が強くなった中を渋滞もなく午後3時30分頃には無事に帰浜した。

 

|

« 越後・大湯温泉・ホテル湯元 | トップページ | 桜の頃の北海道鉄道開通起点 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 越後・大湯温泉・ホテル湯元 | トップページ | 桜の頃の北海道鉄道開通起点 »