« 北海道・道の駅スタンプラリーその4 | トップページ | 北海道・道の駅スタンプラリーその6 »

2016年9月 7日 (水)

北海道・道の駅スタンプラリーその5

 北の大地から帰浜して来週で二ヵ月になるが北海道から帰浜した一ヶ月後の8月16日以降8月後半、三つの台風が北海道に上陸して記録的な雨量は、あ~あ~無情の雨となった。北海道と岩手県の台風10号災害には目を覆いたくなる程の痛ましさで言葉も出ない。
復旧が遅れている今回の台風10号により空知川の決壊で町の中心部が浸水被害を受けた南富良野町を薫風の5月7日に出発して、10日まで桜の見頃であった空知地方の道の駅の14駅の過去ログである。まさか街も田畑も浸水被害にあうとは夢にも思っていない時期の撮影旅であった。

Img0010

Dscn0593

星のふる里・スタープラザ芦別は道の駅開設が三笠の次に早い北海道で二番目

Dscn05950_2Dscn05960_2

芦別は北の京ともいわれている、桜咲く北の京   

Img0030

今年はエゾフクロウの撮影拠点にはならなかった

_dsc6221

_dsc6222

郷土館の屯田兵家族の銅像と神社には桜が盛りであった 

Img0050 

Dscn0609_2   

Img0060 

Dscn0612  

 

 

 

Img0040

Dscn0613

奈井江から9kmのつるぬまにより、ここから三笠に寄る前に空知管内随一の桜の名所、美唄の東明公園の桜見物。

58 98号機とD51 312号機の撮影に移動する。

_dsc63650

美唄市開基100年記念事業のスペースカリヨン、高さ27m24ヶの鐘(カリヨン)と桜

Dscn0635

スペース・カリヨン展望台高さ27mからのピンネシリの山々と眼下のサクラ

Img0070

三笠市と言えば、野鳥のエゾフクロウ・考古学のアンモナイト・鉄ちゃんには鉄道発祥の地

_dsc67550

三笠市のゾフクロウ、今年は昨年カラスに襲われて落鳥した♂の代わりがいなく番にならず、繁殖はありませんでした、写真は洞で1羽寂しく過ごす♀でした。

_dsc6494

三笠市博物館の史上最大級のアンモナイト

_dsc6584

三笠鉄道記念館に動態保存されているS304号機、今年は乗車してビデオ撮影もしてきた

Img0090_2

_dsc6884

Img0080_3

Dscn0814

Img0100

Dscn08200_2

Img0140

Dscn08350

_dsc69970

占冠の道の駅から美瑛の道の駅へ移動中に、R38号とR237号が併用する山部の東大樹木園のサクラ並木

Dscn08480

此処は、東大樹木園のやまべさくらまつり で桜見物の車が手前のPに満車であった。

Dscn08530

富良野市富良野文化会館によりSL D51 954号を撮影

_dsc70880

美瑛の道の駅びえい「丘のくら」の手前、深山峠でさくら見物

_dsc70730

さくら園の眺望、サクラと十勝岳

Img0150

Dscn08650

5月10日16:12

Img0161

5月10日16:55

Dscn0868

Dscn0866

Img0170

5月10日17:47

Dscn08691

Dscn0871

Dscn0870

毎回ここで2,3日を過ごす、お気に入りの道の駅「ひがしかわ道草館」隣のモンベルでカートリッジを補充する。

翌朝5月11日は旭山動物園の隣にある旭山公園の桜見物から始まり、隣の深川市桜山公園のSL C58 98号機とD51 312号機の撮影に出発した。


 

 


|

« 北海道・道の駅スタンプラリーその4 | トップページ | 北海道・道の駅スタンプラリーその6 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道・道の駅スタンプラリーその4 | トップページ | 北海道・道の駅スタンプラリーその6 »