« 道の駅スタンプラリーと桜見物 | トップページ | 北海道・道の駅スタンプラリーその4 »

2016年9月 3日 (土)

幸福の気動車と愛国のSL

 二十間道路桜並木から帯広市緑ヶ丘公園の桜見物へ移動中に「愛国から幸福ゆき」でブームを起こした、廃線・廃駅となった旧広尾線の幸福駅の気動車キハ22と愛国駅のSL 19671号を撮影する、桜見物から撮り鉄に変身。
1973年(昭和48)3月、幸福駅がNHKのテレビ番組「新日本紀行」で「幸福への旅~帯広~」として紹介され愛国駅から幸福駅行きの切符が”愛の国から幸福へ”のフレーズとともにブームに。切符は4年間で1000万枚も販売された。(幸福駅の案内板より)

Epson0021

廃線・廃駅になった昭和62年の日付入りキップと入場券、愛国駅前の土産物店で購入した。

Dscn04461

昭和62年に広尾線の廃線で廃駅となった幸福駅は今でも愛国から幸福行のピンクのチラシのようなキップが手が届く範囲に貼られ満艦飾のようである

_dsc59750

幸福駅の内部は他人が貼ったキップの上に何枚もの幸福行のキップもどき(チラシみたい)で溢れている、気の弱い人は新たに貼る余地・場所がないので降伏してサクラ色の春が見られません。

Dscn04491

幸福駅名の由来は、この地方では「幸震」といっていたが福井県からの移住者(明治29年入植)が多いので上の字の一字ずつとって「幸福」にしたといわれる。

_dsc60181

廃駅は交通公園となり、廃車となったディーゼル気動車キハが2両が静態保存されている

_dsc60110

5月5日の早朝からの雨が上がり虹が出た

_dsc59960

キハ22 238号の運転席と虹、内部は展示車

Dscn0465

キハ22 238号の運転席

Dscn0464

キハ22 238号車の内部はメモリアルプレートと写真の展示

Dscn0455

ホームの後ろに静態保存されているキハ22 221号車

Dscn0456

キハ22 221号車はそのまま休憩施設に利用している

Dscn04590

キハ22 221号車の後ろに排雪車があった

_dsc60341

愛国駅の由来は、ここに愛国青年団(明治29年入植)という団体があったことに由来する。広尾線の開通と同時の昭和4年に設置、旧愛国駅は交通記念館として整備してある。

 _dsc60381

 

ホームにはSLが静態保存されている

 

 

_dsc60391

 

広尾線と愛国駅の開駅と廃駅の歴史

 

 

_dsc60411

 

静態保存のSL 19671号 (愛称はデカグロ)

 

_dsc60420

愛国駅とSL 19671号

Dscn0481

SL 19671号の機関室

_dsc60470

真横から撮影したSL 19671号

_dsc60511

SL 19671号の後尾

_dsc60502

 19671号の履歴

Dscn04840

SL 19671号の斜め後方からの撮影

Dscn0491

愛国駅にある北海道の廃線地図、今年も多くのJRの廃駅があった。

Dscn0492

愛国駅の旧料金表、廃線の年の昭和62年は愛国→幸福は220円、この運賃表は110円、いつ頃の運賃表だろうか?入場券は最低運賃と同じと思われるのでこの時代の入場券はいくらだろうか?

昭和62年に廃線・廃駅後も、”愛国から幸福へ”は撮り鉄以外の人にも、今でも両駅は人気スポットになっている。

|

« 道の駅スタンプラリーと桜見物 | トップページ | 北海道・道の駅スタンプラリーその4 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 道の駅スタンプラリーと桜見物 | トップページ | 北海道・道の駅スタンプラリーその4 »