« 静態保存31・旧湧網線計呂地駅跡C58139号機 | トップページ | 静態保存32・中頓別町寿公園49648号機 »

2016年11月12日 (土)

高倉 健さんを偲ぶ「鉄道員(ポッポや)のロケ地・幾寅駅」

 昨夜はBS朝日6:44からの放送の映画・故高倉健さん主演の「鉄道員(ぽっぽや)」を観賞しました。今月は二年前の2014年11月10日に亡くなった高倉健さんの三回忌になります。この映画を観て思い出し、高倉健さんを偲ぶ今日のブログです。
今年の7月3日雨のち曇りの日に、道の駅「南ふらの」に寄った時に近くのセイコーマートで買い物をして、その後は南富良野町役場の北にある根室本線の幾寅駅に写真を撮りに行ってびっくりしました。幾寅駅前と無人駅舎には
「鉄道員(ぽっぽや)」のロケセットがそのまま残っていました。

高倉 健(たかくらけん) → 高久 健(たかくけん)
83歳で亡くなった高倉健さんは9歳年上の健さんとは、一字違い(らの字がない)、ら抜けのケンさんでした。間抜けでなくて良かったが亡くなられてからはこのような自己紹介が出来なくなりました。

_dsc59360

駅名は映画の駅名のままである。映画は厳冬の寂しき雪の終着駅。元蒸気機関車と気動車の機関士であった定年間際の駅長、主人公の佐藤乙松(おとまつ)は朴訥で職務に忠実なあまり家族を顧みなかったと駅の官舎で嘆く。そんな男に優しい奇跡が訪れる映画の内容であった。 

_dsc59380

幾寅駅(無人駅)の入口脇の鉄道員ロケ地の看板 

_dsc59540

駅舎の右、屋根の下に本物のJR幾寅駅名 

_dsc59180 

映画の中ではポンコツと呼ばれていた気動車だがこれは映画撮影のために新造された運転席と前部分のみのキハ12 23 

_dsc59341_2

 

 

 

_dsc59240

 

運転室

 

_dsc59230_2

運転席の右側

_dsc59250

_dsc59270

高倉健さんと出演者のサイン入り色紙

_dsc59280

こちらもサイン入り色紙

_dsc59310

映画場面のスチール写真は高校生役の広末涼子との夢のような場面

_dsc59320

_dsc59330

亡くなった妻役の大竹しのぶ、亡くなった当歳の娘雪子を抱く妻を駅のホームで迎える場面のスチール写真、朴訥で生真面目な佐藤乙松駅長役の高倉健さん。

_dsc59390

無人駅舎の中はロケ記念展示コーナー

_dsc59400

駅務室には高倉健さんの遺影が飾られていました

_dsc59410

鉄道員ぽっぽやの名場面、1999年降旗康男監督、高倉健主演により映画化された。

_dsc59430

鉄道員の宣伝ポスター、第23回日本アカデミー賞(2000年3月)の最優秀作品賞、最優秀主演男優賞など主要部門をほぼ独占した作品

_dsc59440

幾寅駅のホームも映画の駅名幌舞そのままでした

_dsc59450

本物の名所案内と駅名表示はここ一ヶ所

_dsc59470

落合駅方面の景色

_dsc59480

ホームの反対側からホームと改札口

_dsc59490

映画の場面にも出てくる外にあるトイレ、映画は全て雪の中

_dsc59150_2

「鉄道員ぽっぽや」は数々の賞を受賞した名画となった

_dsc59170

幾寅駅前のロケ地、志村けんの臨時工が酔って騒ぎを起こしただるま食堂

_dsc59210_2

炭礦の閉山前は賑やかであっただるま食堂

_dsc59160

床屋は、ひらた理容店もロケ地の一部

_dsc59200

_dsc59500

幾寅駅前の鉄道員のロケ地の建物があちらこちら無数にある

_dsc59520

_dsc59530

幾寅駅前の案内板(これは本物)

地元に今でも、いつまでも慕われる高倉健さんでした。

|

« 静態保存31・旧湧網線計呂地駅跡C58139号機 | トップページ | 静態保存32・中頓別町寿公園49648号機 »

野鳥」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静態保存31・旧湧網線計呂地駅跡C58139号機 | トップページ | 静態保存32・中頓別町寿公園49648号機 »