« 高倉 健さんを偲ぶ「鉄道員(ポッポや)のロケ地・幾寅駅」 | トップページ | 静態保存33・赤平市赤平スキー場跡地D51566号機 »

2016年11月13日 (日)

静態保存32・中頓別町寿公園49648号機

 道の駅「オホーツク紋別」でスタンプラリー、オムサロ原生花園で野鳥撮り、廃線・名寄本線興浜南線・廃線駅のオホーツクの道の駅、「おこっぺ」と「おうむ」を巡り、道北の道の駅「マリーンアイランド岡島」から内陸に入り、国道275号線沿いにある天北線(音威子府駅からオホーツク海側を経由して稚内まで結んでいた)廃線駅跡の道の駅「ピンネシリ」でスタンプ、次に向かったのはベニヤ原生花園のある浜頓別に向かう途中で昨年も通過した中頓別町、ここも天北線の廃線・廃駅の中頓別駅跡、現在はバスターミナルとなり、気動車キハ22が派手な色に塗装されて保存されている。ここから車で4km5分の町外れのR275沿いにある天北線廃線駅跡の次の駅は寿駅、今は寿公園となって牧草地の中にある遊園地のような公園、自衛隊から借りうけたと言われるF104J型ジエット戦闘機も展示されている、ここに北海道で一番北に保存されている蒸気機関車49648号機、住所は北海道枝幸郡中頓別町字寿64番地1の広大な草原の公園が北限の静態保存地。

Dscn00310

天北線廃線駅中頓別駅跡はバスターミナル

_dsc3689

中頓別駅跡の気動車キハ22、所々に錆が目立ちました

_dsc3691

サイロ型の公衆電話ボックスに天北線メモリアルパークの表示

Dscn0030

地図では中頓別寿公園までは約4km車で5分

Dscn0037

F104J型ジェット機などの展示の他にパークゴルフ・アスレチック・ゴーカートなどがある広大な草原の中にある遊園地・寿公園

_dsc36951

昨年に続き二度目の訪問、昨年は通りすがりの撮影、今年は静態保存SL撮影旅の途中である

Dscn00431

製造から57年稼働して、廃車から40年、北海道で働き、地元で余生をおくるSLでした。露天展示でも定期的に整備されているようで、大切に保存されているようです。

_dsc36961

Dscn00441

「SLこそ我々が真の人間であり勤勉であった時代の代物である」町長の言葉だろうか?

_dsc36970

広い場所に保存されどこからも撮影出来るのが良い

_dsc36990

運転室も公開されているが、SLを大切に保存する町の気持ちが表れているようできれいでした。

_dsc37000

計器類など全て揃っているようです

_dsc3702

_dsc37030

最近になって塗装したような見栄えでした

_dsc37040

Dscn00411

SLに対する感謝の思いが中頓別町長によって代弁されています、このSLを偲ぶ思いが大切に保存しているものと思います

_dsc37060

公式側の右は遊園地のトイレ

_dsc37070

子供の遊具と49648号機

_dsc37080

テンダーの後姿も欠品なくきれいでした。

撮影後は次の猿払村の道の駅「さるふつ公園」に向かう。

|

« 高倉 健さんを偲ぶ「鉄道員(ポッポや)のロケ地・幾寅駅」 | トップページ | 静態保存33・赤平市赤平スキー場跡地D51566号機 »

野鳥」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高倉 健さんを偲ぶ「鉄道員(ポッポや)のロケ地・幾寅駅」 | トップページ | 静態保存33・赤平市赤平スキー場跡地D51566号機 »