« 静態保存32・中頓別町寿公園49648号機 | トップページ | 静態保存34・深川市上多度志(個人所有)9645号機 »

2016年11月14日 (月)

静態保存33・赤平市赤平スキー場跡地D51566号機

 北海道赤平市元赤平スキー場跡地のD51566号機。
野鳥撮影の傍らの静態保存SL撮影であるが、ここは野山を駆け巡る野鳥撮影よりも困難なSLであった。SLの場所を見つけることと、SLに近づくことが野鳥撮影よりも難しいと思われた静態保存でした。
7月5日芦別市から赤平市の炭鉱跡地を観光しながらD51566号機の保存場所を探したが、今までの静態保存SL巡りで一番手間取った場所であった。

_dsc62830

芦別市から赤平市に向かう途中で国道452号線から、炭山川橋梁の上に保存されている三井芦別鉄道のディーゼル機関車DD501を撮る。

Dscn97650

赤平市はその昔炭鉱で栄えた街、産業遺産のこのような案内看板が目立つ

Dscn97670_2

赤平市内には炭鉱跡が多い

Dscn97790

 

旧住友赤平炭鉱立坑櫓の跡、炭鉱遺跡を巡りながら赤平スキー場跡地を捜す

_dsc63400

やっと見つけた!2004年に閉鎖された赤平スキー場の入口近くに車を停めて赤平スキー場に保存されているD51566号機を探しにスキー場跡地に向かう。(写真はスキー場へ入る道路の右脇の道、どちらにも通行止の標識があるが立入禁止の表示はない)

Dscn97820

熊が出そうな草深い山道を進むと、通行止から5,6分歩くと右へカーブする丘の上にD51566が見えて来たが夏草が深く、斜面のD51へは直進出来ない。

_dsc63390

道なりに坂道を進むと、2004年から閉鎖中の赤平スキー場の管理棟らしい建物が見えて来た

Dscn97830

夏草の中に荒れ放題のD51566が忽然と現れた、”夏草や兵どもの夢のあと”を思い出す。

Dscn97850

草をかき分けて柵の近くまで登り正面を写す。光と影、朝の陽光が日陰者に射す。

Dscn97860

更に非公式側に回るがあまり柵には近づけない

_dsc63270

生年月日は月こそ違うが同い年の老友のようなもの、廃車・展示から40年、永年の放置状態で痛々しい感じ

 

 

 

_dsc63281

テンダーのライトは破損していた、車体もナンバープレートも汚れ放題の放置保存

_dsc63290

まだ十分に使えそうな建物側からのショット

_dsc63300_2

逆光の非公式側は草木で茂り近づくことが出来ないのでキャビ内は撮れず

_dsc63310_2

人が出入りできず、SLに興味ある人だけが見に来るSLのようです。屋根付きですが荒れ放題、SLに近づくのもままならず、写真も思うように撮れない状態でした。保存状態はワースト1、しかもクマが出るとか!


|

« 静態保存32・中頓別町寿公園49648号機 | トップページ | 静態保存34・深川市上多度志(個人所有)9645号機 »

野鳥」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静態保存32・中頓別町寿公園49648号機 | トップページ | 静態保存34・深川市上多度志(個人所有)9645号機 »