« 静態保存37・岩内運動公園D51159号機 | トップページ | 静態保存39・サッポロビールガーデンパーク9543号機 »

2016年11月19日 (土)

静態保存38・倶知安文化福祉センター79615号機

_dsc78900 岩内町運動公園のD51 159号車を撮影後に40分間で到着したのは隣町の倶知安(くっちゃん)町南3条東4丁目2番地2の文化福祉センターの79615号車です。写真はSLを保存してある文化福祉センターから望む、蝦夷富士の「羊蹄山」は青空に白雲がかかり、白雲の中から頂上がのぞき、重畳(ちょうじょう)でした。道央で活躍して生涯を終えたSLの愛称は「2つ目羊蹄号」です。

_dsc78781

79615号機のあしあと(2つ目羊蹄号)

_dsc78761 

期待していた「2つ目」が1つ目でガッカリです、このままでは真打ちにはなれません。2つ目の看板も降ろさなければなりません。あまりにも可哀そうです。

_dsc78950

その一つ目も下に傾いて、恥ずかしいのかうつむいていました。こちらも事件が起きるような気配です。2つ目の羊蹄号のクンロクに何が起きたのでしょうか、このままの放置ではロクな目に合いません。

_dsc78850

煙突の後ろに大きな給水温め器と小さ目のデフ両側の下に大きなタンクを大事そうに抱えて、地元を走ってきた貫禄を保っていました。

_dsc78970

スノープロウに79615と読める刻印は身の証です

Dscn01260

コンクリート柱に遠方信号と腕木式信号機の中途半端な光景は滑稽に見えます

Dscn01230

ナンバープレートは4枚とも無事にありました、キャブ内を見学するハシゴがあるので撮影可能でした。

Dscn01150

計器類は揃っているように見えます

Dscn01160

キャブの天井の板が腐っていたのは痛々しい

_dsc78820

道央で225万キロ走行した後付けの窓枠から、24万キロ走った愛車が写りました、今年で廃車になりますのでこれが最後になります。

Dscn01180

テンダーの横に初見の給水塔と呼ぶのか給水柱と呼ぶべきなのか、象の長い鼻のような給水装置も保存されていました。

Dscn01190

テンダーのハシゴに青いカバー、青空に給水スポートが伸びる、更に給炭装置もあれば、生き物のように石炭を食べ水をタラフク飲んで北海道の急勾配を黒煙を出し白煙の蒸気を吐きながら、ヴォーヴォーと爆音を上げ、ピー・・・と汽笛を鳴らし、シュポシュポ・・・、ガタンゴトンと爆走する姿を思い出し、彷彿させることと思います。

_dsc78921_2

テンダーと給水スポート越しに蝦夷富士の羊蹄山が見える、こんな景色の良い故郷に保存されて79615号車は幸せと想います。

_dsc78991

_dsc78760

コンクリート柱の信号機は事実に傾注して欲しい心からか傾きました

Dscn01220

罐の上や側面を縦横にはい回るパイプ類と金色塗装のバルブに目が引き付けられます、逆に色落ちと錆びついたように見えるピストン・ロッド、コネクティング・ロッド、カップリング・ロッド類には目を背けたくなります

Dscn01210

空気タンクのカバーは鉄板の腐食が進みかなり傷んでいます、動輪のロッド類なども油っ気がなく、グリスアップの気配が見えない、屋根なし保存の弱点が見えます。

_dsc78981

蒸気機関車保存会が組織されているので塗装などの定期整備はあるようですが錆びの進み具合・キャブ内の荒れようと看板の「2つ目羊蹄号」は前照灯が片目では泣けてきます。

_dsc7879_2

79615号機の車歴表示の横に駅名標も並んでいました。

_dsc79100

撮影後に寄った函館本線倶知安駅です、名所案内はやはりスキーと羊蹄山です

_dsc79010

羊蹄山の麓を走る列車の写真脇にホームの倶知安駅名標、2つ目羊蹄号保存地の駅名標とは形が違います。札幌方面は小沢、函館方面は比羅夫。

撮影日7月11日、この日は4ヶ所で5両のSLを撮影して、ここの倶知安が最後でしたが2ヶ所目のサッポロビール工場のSLを掲載済でしたので飛ばしましたが明日はそのサッポロビール保存の9600形 キュウロク 9643号機と比較してみます。




|

« 静態保存37・岩内運動公園D51159号機 | トップページ | 静態保存39・サッポロビールガーデンパーク9543号機 »

野鳥」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静態保存37・岩内運動公園D51159号機 | トップページ | 静態保存39・サッポロビールガーデンパーク9543号機 »