« 静態保存25・標津町文化ホールのC11224号機 | トップページ | 静態保存27・斜里町立知床博物館の59683号機 »

2016年11月 5日 (土)

静態保存26・清里町羽衣南児童公園C5833号機

 北海道斜里郡清里町羽衣町南の羽衣南児童公園にJNRマーク入りのスマートな形の除煙板を付けた蒸気機関車を初めて見る、児童公園の一角に屋根付きの白い柵の中に静態保存のC5833です。
6月18日は道の駅「パパスランドさっつる」「はなやか(葉菜野花)小清水」「流氷街道網走」「ぐるっとパノラマ美幌峠」の4ヶ所のスタンプラリーとこのC5833号機と斜里町の59683号機、美幌町のC5882号機の3ヵ所のSLを巡った土曜日であった。
履歴などの説明看板はどこの静態保存場所にはあるが、ここには看板がない公園であった。JNRのデフのあるSLは珍しいがここは説明板が無い珍しい公園。そこでC5833の製造と廃車の履歴はWebで調べた。

1938(昭和13)年10月川崎重工兵庫工場で製造
1975(昭和50)年6月北見機関区で廃車
製造から78年、引退から41年経つSL C5833です。

_dsc23031

清里町羽衣南児童公園のC5833

_dsc23101

白い低い鉄柵と屋根付きの静態保存ではあるが保存状態が良いとは言えなかった。ヘッドライトは破損して、リム(レンズ枠)・レンズ・リフレクター(反射鏡)・ランプが欠損していたので古ぼけた塗装の車体が一層みすぼらしく見えた。

Dscn97130_2

非公式側からの全面撮影は×である

Dscn97140_2

スマートに見えるデフはJNRの文字入りで二本の鉄柱で支えられ、静態保存のSL訪問旅で、駆け出しの老鉄ちゃんとしては初めてお目に掛ける珍しい姿である。

Dscn97040

公式側の屋根の柱は非公式側よりも少ない

_dsc23410

除煙板の名称を先達の鉄道写真ブログから探すと「編集長敬白」鉄道ホビダス様の「C5833」と海水浴特急「全国保存蒸気機関車めぐり」様の「C5833」を勉強させていただきました。

_dsc23080

この独特の形のデフレクターの名称はJNR入り後藤式切取り除煙板と分かりました。先達の皆様ありがとうございました。

_dsc23041

公式側全体を撮ると真ん中の一本が柵とともに入る

Dscn97060

非公式側は屋根を支える柱が5本と柵が入るのでスッキリした写真を撮る策がない。

_dsc23060

70mmのレンズで撮影したキャブ、窓ガラスはない、細目の金網がある、その下にタブレットキャッチャーがたたまれていた。

Dscn97080

デコイチで撮影したキャブ内部、計器類などは全て現存しているのか駆け出しにはわからなかったが先達の鉄ちゃんのブログでは荒らされていると書かれていた。

Dscn97090

何年も再塗装はされていない様子です

Dscn97100

だいぶん前に塗装されたと思われる赤色も色褪せて塗装の劣化がロッドにも目立つ

_dsc23161

後照灯・尾灯とも灯体部分以外は何もない、リム・レンズ・リフレクター・ランプなど全て無かった、汚れて色褪せた車体に赤いプレートだけが目立つ

_dsc23151

C5833のリアーから曇り空の清里町の観光名所、日本百名山の斜里岳を撮る

Dscn97120

帰り際に児童公園に遊びに来ていた子供に駆け出しの老鉄ちゃんとC5833の記念写真を撮ってもらう、SLは永年保存の色褪せた汚れと色落ち、人間は人生の黄昏が漂う。
次は斜里町の59683号機に逢いに行く。

|

« 静態保存25・標津町文化ホールのC11224号機 | トップページ | 静態保存27・斜里町立知床博物館の59683号機 »

野鳥」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静態保存25・標津町文化ホールのC11224号機 | トップページ | 静態保存27・斜里町立知床博物館の59683号機 »