« あたみ桜と野鳥 | トップページ | 熱海梅園・来宮神社・糸川遊歩道 »

2017年1月24日 (火)

あたみ桜まつりと熱海芸妓の踊り

 早咲き日本一のあたみ桜と言われて、熱海市観光パンフレットにも見出しがありますが本当なのでしょうか、野鳥撮影を始める前は、16年前に現役引退後の趣味として4,5年間はサクラ撮影をしていた。その昔、1月下旬に沖縄の緋寒桜を撮影した経験から今年の「早咲き日本一」の確認をしてみました。

2017年沖縄の桜まつりの日程をWebで調べると、沖縄の桜は「寒緋桜(かんひざくら)」とか「緋寒桜(ひかんざくら)」と呼ばれてピンク色の濃色の桜です。沖縄本島での開花は、本州の桜の北上とは逆に桜の開花は南下していきます。
世界遺産・今帰仁城跡の「今帰仁(なきじん)グスク桜まつり」は1月28日~2月12日。「本部八重岳桜まつり」は1月21日~2月5日。「名護さくら祭り」は1月28日(土)から1月29日(日)。「なはさくらまつり」は与儀公園で2月8日~12日。「やえせ桜まつり」は八重瀬公園で2月5日。

このように沖縄本島の桜は気温の低下とともに開花しますので、桜は南下して開花します。
沖縄の桜まつりで一番早いのが本島北部の本部八重岳桜まつりで熱海と同じ1月21日(土)でした、パンフレットの見出しには誇張とか嘘はありませんでした。
熱海・糸川遊歩道のマップです。熱海駅から曲がりくねった坂道を徒歩で20分も下って来るとニューフジヤホテルの前あたり、本町商店街バス停にある糸川にかかる御成橋がある、この下流は新柳橋・ドラゴン橋・桜橋・糸川橋・柳橋・渚橋の七橋を巡り、あたみ桜とメジロを撮影後に糸川桜まつりのオープニングセレモニーの会場となっていたドラゴン橋に駆けつけ、あたみ桜まつり開催イベントの熱海芸妓の踊りを撮影開始です。

Img0011

初日は午後1時からドラゴン橋でオープニングセレモニーを行い、中島幹雄観光協会会長、斉藤栄市長、杉山利勝市議会議長、藤曲敬宏県議らが祝辞を述べた後の1時40分頃にドラゴン橋に到着した。既に熱海芸妓の踊が始まっていたので野鳥用の望遠レンズでの大写し、目白の撮影から顔白の撮影となった。

_dsc1985

美保さん

_dsc1974

小夏さん

_dsc1988

静さん

Dscn9846_2

美保さん

Dscn9850_2

小夏さん

Dscn9851_2

左 小夏さん 右 美保さん

Dscn9857

左・小夏さん 中・美保さん 右・静さん

Dscn9877_2

扇子から桜の小枝に舞う演目が替わったので休憩する

Dscn98781_2

ドラゴン橋の左手袂でミス熱海桜娘の桜茶無料サービスへ、写真撮影を申し込むとこのポーズでした。

稲生薫子さんの職業は日本で唯一の(水中レポーター・ダイビングモデル・ライター・MC)でイベント女王の選歴も数々ある、彼女のブログを見ると

・第25期 「日本テレビ」イベントコンパニオン


・第11~12期 「スバルスターズ」(2010~2012)


・第33期 宝くじ「幸運の女神」(2012~2013)


・第23代 ミス椿の女王(2014~2015)


・第29代 ミス熱海 桜娘(2016~2018)

Dscn98801_5

傍らにいた熱海市職員がご一緒に写真を撮りましょうと言われるので、即応諾したのが双眼鏡をぶら下げてその場にそぐわない姿となった

Dscn98861

ドラゴン橋の袂(たもと)での撮影に戻ると熱海芸妓の演技は続いていた

Dscn9887

後ろから帯姿の撮影

Dscn9889

こちらを向いた熱海芸妓三人、手前小夏さん、中美保さん、左静さん

Dscn98941_2

あたみ桜の咲く舞台(ドラゴン橋)宴の終わり

Dscn99061

終演後の小夏さん(新柳橋)

Dscn99081

踊の後は腹が空く?美保お姐さんは新柳橋で出店の焼きそばのお買い物

_dsc22300

初日の1月21日から17:00~23:00にライトアップ、昼間の舞台となったドラゴン橋も静かな夜桜のそぞろ歩きとなる。
夕食後のホテルから往復45分、往きは下り坂で宵の熱海を酔いながら酔い良い!帰りは登坂をぐったりグッタリと薬石岩盤浴を楽しみに歩く。



|

« あたみ桜と野鳥 | トップページ | 熱海梅園・来宮神社・糸川遊歩道 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あたみ桜と野鳥 | トップページ | 熱海梅園・来宮神社・糸川遊歩道 »