« 河津桜と菜花と尉鶲 | トップページ | 河津川河畔のオオアカハラ »

2017年2月24日 (金)

河津川河畔のウグイス

 河津町の河津川河畔の桜並木は、浜から「かわづいでゆ橋」までの片側約2km、両岸を散策すると約4kmの散策路となる。河津桜の花が見頃になった今月中旬の時季、午前7時頃はまだ散策の住民や観光客がまばらな頃に、川原の枯れススキにウグイスが採餌の最中であった。 

Dscn4905

午前7時頃の踊り子温泉会館の辺り、奥に見えるのは「かわづいでゆ橋」両岸の河津桜の下に菜花が咲き、菜花の下に棘のある野茨、川べりには枯れススキの茅がある自然の植生、この茅の茎に居る幼虫を採餌するウグイスが俊敏に動いていた。茅葺屋根の茅にはススキも含まれるそうです、ススキも茅の一種であると言われますので、秋の名月の頃の青葉の時季はススキで枯れると名前がカヤになるのかや。

_dsc54741

茅葺屋根の茅には、 枯れススキも含まれる、この茅はイネ科のススキなのか、チガヤなのか詳細は不明です。茎の中に生息する幼虫を探しています。 

_dsc54801

茎の中から幼虫を取り出しました 

_dsc54812

ミルワームのような形は、蛾の幼虫なのか、蟷螂の幼虫なのか、昆虫の成虫名はわかりません?冬期の餌の少ない時季には貴重な餌です。4倍トリム

 

_dsc54871

陽の射さない暗いカヤの中での採餌は続きます 

 

_dsc54971

 

カヤからカヤへ、カヤの外です

_dsc55111

獲物を見つけたのか?尾を上げて大喜び

_dsc55271

束の間の歓び、空振りのようでした

_dsc55301

身をよじっての方向転換

_dsc55431

今度は茎を割いて中を覗いています

_dsc55501

やはり簡単には二匹目の幼虫はまだのようです、お手上げか?羽上げでした!茎を縦に割く時は幼虫がいるのか要注意です。

冬の川原で採餌するウグイスを河津桜の河畔で初撮りでした。

 

|

« 河津桜と菜花と尉鶲 | トップページ | 河津川河畔のオオアカハラ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 河津桜と菜花と尉鶲 | トップページ | 河津川河畔のオオアカハラ »