« オカメとコゲラ | トップページ | 地元の翡翠 »

2017年3月19日 (日)

緋寒桜・椿・鵯・繍眼児

 染井吉野はまだ蕾だが、今開花している濃いピンク色の花弁が下向きに咲く緋寒桜は寒緋桜とか台湾桜の別名があるが音が似ている彼岸桜ではない。名残惜しく咲いている椿は藪椿(やぶつばき)とか耐冬花(タイトウカ)の別称がある。
波形を描いて飛んで木の実や花蜜を好むヒヨドリは鵯と書いて「ひえどり」と読む別称がある。メジロは目の周囲が白い絹糸のような羽毛で刺繍をしたように見えるので繍眼児と書いてメジロと読む。それぞれ別名がある花と目白と鵯。

Dsc_13270_2

ヒヨドリの縄張りの寒緋桜、花は釣り鐘状にひたむきに下向きに咲く

Dsc_11481_2

釣り鐘状の下向きの花弁に下からの吸蜜

Dsc_11241

下向きの緋寒桜でイナバウアー

Dsc_11891

釣り鐘のような花弁を吸蜜前のチェックポイントは何か?

Dsc_13270

次はどの花弁かな~~~

Dsc_13840

名残り椿の吸蜜、緋寒桜と味比べかな

Dsc_13880

緋寒桜よりも椿は大味かな?ツバキは上から

Dsc_13950

椿の次はまた緋寒桜かな?

Dsc_12500

この寒緋桜を縄張りとしているヒヨドリ、メジロが来ると追い払います

Dsc_13541

下向きの緋寒桜はヒヨドリといえどもこの吸蜜スタイル

Dsc_13551

吸蜜後は見張り?

Dsc_10870

椿の吸蜜をするヒヨドリ

Dsc_10910

次はあの名残のツバキかな

Dsc_10950

花が少なくなった椿とヒヨドリ

今回は別称のある緋寒桜と椿とメジロとヒヨドリでした。

|

« オカメとコゲラ | トップページ | 地元の翡翠 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オカメとコゲラ | トップページ | 地元の翡翠 »