« 鷭(バン)は春爛漫 | トップページ | 花鶏・獦子鳥(アトリ) »

2017年4月 6日 (木)

蒼鷺が浮島で待ち伏せ採餌

 時代劇の有名な仇討ちは、源頼朝が行った富士の巻狩りの際に父親の仇を討った曽我兄弟の仇討ちと渡辺数馬の弟の仇である河合又五郎を伊賀の鍵屋の辻で討った荒木又右衛門の鍵屋の辻の決闘(伊賀越えの仇討ち)と赤穂浪士の討ち入りが人気の日本三大仇討ちといわれる。曽我兄弟の仇討ちと荒木又右衛門の鍵屋の辻の決闘は両方とも仇討ち作戦は「待ち伏せ」であった。

アオサギは、魚を主な餌として、水田や海・川・池などの浅瀬など水深の浅い場所で採餌する習性がある、獲物の探し方は、動きながら、移動しながら探すものと、アオサギの採餌生態は動かずに獲物が来るのを待つ、「待ち伏せ」である。

浅い水深で採餌するアオサギが1m以上水深のあると思われる池の中に浮かべた筏の浮島の縁とまり、採餌する生態はある程度不思議に思われる。
しかも今年は魚が小さいのか、あまりいないのか、カワセミも敬遠する池である。

ようやく桜が五分咲きになった菊名池にやってくるアオサギの待ち伏せの採餌の生態である。

Dsc_3262

浮島の縁で待ち伏せのアオサギ

Dsc_3458

浮島から深みまで入って採餌のアオサギ

Dsc_4210

三分から五分咲きのソメイヨシノの枝にとまるアオサギ

Dsc_32960

 

この池のクチボソなどの小魚はこんなに小さくても逃さず採餌するアオサギ

 

 

Dsc_3302

 

大きな嘴で小さな魚を旨そうに採食

 

Dsc_3339

次の獲物は・・・

Dsc_3342

またも小物

Dsc_3345

ようやく大きな嘴に引っかかっている程度

Dsc_3352

貴重な獲物を満足そうに採餌

Dsc_3459

次は羽が濡れないように広げてのゲット、浅瀬では見られない深水

Dsc_3462

この池ではこれでもこの日一番の大物、池の縁から15m、400mmDX版では入り切れない

Dsc_3468

浮島に上がり安堵の様子

Dsc_3479

それから嘴を大きくあけての採餌

Dsc_3481

旨そうに採餌の待ち伏せのアオサギであった。



|

« 鷭(バン)は春爛漫 | トップページ | 花鶏・獦子鳥(アトリ) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鷭(バン)は春爛漫 | トップページ | 花鶏・獦子鳥(アトリ) »