« 鷽と櫻の想い出 | トップページ | 花蕾に花鶏、花芯に目白 »

2017年4月 3日 (月)

三ツ池の桜

 江戸時代に農業用水のため池として整備された灌漑用水の池が三ッある、桜の名所100選の県立三ツ池公園。
4月2日(日)の東京の桜は満開宣言があったが三ツ池のソメイヨシノはまだ二分とか三分咲き、開花標準木に至っては開花宣言した3月25日から一週間経つがまだ1分咲き(一部咲がホント)、胴吹き桜を数えてもやっと十輪程度であった。

Dsc_27021 

三ツ池公園南門の水の広場に咲く「越の彼岸桜」左と「横浜緋桜」右 

 

Dsc_26991

越の彼岸桜の下から撮影した横浜緋桜と上の池、周辺の染井吉野はまだ蕾

Dsc_27052

上の池と中の池を隔てる通路から中の池の池縁に咲く、ソメイヨシノはまだ二分か三分咲き程度であった。

Dsc_2713

中の池のまだ満開前の染井吉野が池面に映る、このソメイヨシノが早い

Dsc_2822

遅いソメイヨシノと遅くまで滞在するキンクロハジロでカテゴリーは野鳥にした

Dsc_2737

中の池の花の広場、二代目枝垂れ桜はまだ蕾

Dsc_2739

中の池 4号WC前のソメイヨシノは5分咲き、キンクロハジロなど水鳥が泳ぐ

Dsc_2743

中の池から下の池方向、TVKのテレビ塔

Dsc_2801

中の池と下の池の通路の横浜緋桜は満開

Dsc_2809

下の池と横浜緋桜と柳、後方は売店

Dsc_2788

開花標準木の脇にある三ツ池の歌碑の説明

Dsc_2762

開花標準木は老木、老木に見られる胴吹き桜が先に咲く

Dsc_2777

売店から観た標準木の枝先、満開は今週の週央から週末か

Dsc_2825

上の池の上にある、丘の上の広場にあった花見のせきとり、サクラの見頃にはまだ早く、席取りの主は「みかけだおし」の表示が三枚。

Dsc_2837

近くに咲くボケの花は満開であった。

4月2日(日)の三ツ池公園は花見にはまだ早かった!



|

« 鷽と櫻の想い出 | トップページ | 花蕾に花鶏、花芯に目白 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鷽と櫻の想い出 | トップページ | 花蕾に花鶏、花芯に目白 »