« 三ツ池公園の開花標準木 | トップページ | 伊香保♨お宿 玉樹 »

2017年4月15日 (土)

法師♨長壽館

 夫が言い出して妻がそれに従う、いくつになっても夫唱婦随が男の理想だが、同じ発音でも50年以上も連れだっているといつの間にか、本末転倒して、四字熟語が婦唱夫随となってしまった。
弥生に喜寿を迎えた夫と翌月の卯月に喜寿の誕生日を迎えた婦が、ここまでは夫唱婦随だったが・・・婦が言い出して夫が従ったのは、桜花の時季に三泊四日の観光と温泉旅行で夫婦で老体を癒してきました。例年の北海道長期遠征前には
婦唱夫随は自然であり、現実的と思われた。

朝から雨降る4月11日に横浜を出発して、最初に向かったのは世界遺産の富岡製紙場経由三国峠の下にひっそりかまえる一軒宿の法師温泉長壽館、毎年3月か4月にお世話になっている郷愁の湯宿となっている。

Dscn5479

前日の朝に雪が降った法師温泉長壽館は小雨であった。

Dscn5481

本館前・法隆殿横の与謝野晶子の句碑も雪の中

草枕手枕に似じ借りざらん
山乃いでゆ乃丸太の枕  与謝野晶子

Dscn5483

玄関の内部はいつもの歴史の重みを醸し出す重厚な佇まい、本館と法師乃湯と別館の三棟が国登録有形文化財である。

Dscn5485

囲炉裏の火が赤々と

Dscn54880

いつもの上原謙と高峰三枝子の国鉄時代のフルムーン

Dscn54930

長寿館の名称と同じ長寿の湯

Dscn54941

湯船の上にある長壽祝、還暦・古希の次が喜寿は三番目、まだまだ長寿祝は百十一歳まである

Dscn54990

長寿の湯温泉分析表

Dscn55090

別館の夕食はコタツの上での部屋食、温泉は自慢しても、料理は山合いの雰囲気ただよう料理

Dscn55150

二の膳

Dscn55160_2

法師の湯

Dscn55180_2

法師の湯の源泉は旭の湯

Dscn55190_2

法師の湯

Dscn5527_2

玉城の湯入り口にある玉城 鳴がお出迎え

Dscn5537_2

玉城の湯

Dscn55460_2

露天の出入口から玉城の湯

Dscn55440_2

玉城の湯露天風呂

Dscn55321_2

玉城の湯温泉成分表

Dscn5556_2

朝食も部屋でコタツの上

_dsc9574

別館の部屋からの法師川

_dsc9585

別館の抱翠閣は昭和15年建築の国登録有形文化財、喜寿を迎えた同い年

_dsc9583

翌朝の本館への廊下から見た長寿の湯

_dsc9584

翌朝の本館中庭の残雪

_dsc9586

渡り廊下から玄関へ、次の温泉地は伊香保温泉

|

« 三ツ池公園の開花標準木 | トップページ | 伊香保♨お宿 玉樹 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三ツ池公園の開花標準木 | トップページ | 伊香保♨お宿 玉樹 »